大壁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
土蔵造の旧呉服商「山丹」の袖蔵と店蔵

大壁(おおかべ)とは、柱が見えない建築物のを指す。近年の住宅は、ほとんどがこの大壁で作られている。土蔵などもこれに含まれる。パネル構造や軽量鉄骨組構造、2×4工法も大壁構造といわれる。

構造[編集]

近代の木造建築では、木口の長辺が柱木口の一辺と同じ長さの間柱を柱に合うように立てて固定し、塗り壁とする場合には、その上に下地となる木ずりという小さな板を等間隔張り、漆喰などを塗り重ねるか、ラスボード(塗壁用の石膏ボード)を間柱に直接張って漆喰などを塗り重ねる。直接間柱に石膏ボードや下地合板等を張り(張り壁)、壁紙を張れば洋間の仕上げとなる。何れも、天井との境に天井回り縁(まわりぶち)、との境に幅木、畳敷きの場合には、畳寄せを付けることが多い。

特徴[編集]

大壁の利点として、壁厚を大きくとることが可能であり、壁の内部に筋交い、断熱材、補強用金物、配管設備などが挿入しやすい点が挙げられる。しかし、施工時に断熱材などの不均等が発生する場合などがあり、壁の中の結露に注意する必要がある、という欠点も持ち合わせている。

関連項目[編集]