大外返

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

大外返(おおそとがえし)は、柔道足技21本の一つ。講道館では1982年(昭和57年)に新たに名称として登録された。講道館国際柔道連盟 (IJF) での正式名。IJF略号OGA

概要[編集]

大外刈系の技大外刈大外落大外車への返し技[1]後の先の技の一種である。投げ方は、相手が十分に崩しきらず強引に大外刈などを掛けてきた際に、逆に相手に大外刈を掛ける、つまりは相手の大外刈などを大外刈で押し返して倒す技である。大外刈などに対する、カウンターパンチならぬカウンターキックとなる技である。

名称設定の経緯については後の先も参照のこと。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 嘉納行光川村禎三中村良三醍醐敏郎竹内善徳『柔道大事典』佐藤宣践(監修)、アテネ書房、日本(原著1999年11月21日)、66頁。ISBN 4871522059。「大外返」