大奥 (2006年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大奥
監督 林徹
脚本 浅野妙子
出演者 仲間由紀恵
西島秀俊
井川遥
及川光博
杉田かおる
松下由樹
浅野ゆう子
高島礼子
FNS系列女子アナウンサー31名
主題歌 倖田來未運命
配給 東映
公開 日本の旗 2006年12月23日
上映時間 126分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 22億円[1]
テンプレートを表示

大奥』(おおおく)は、2006年日本映画東映フジテレビ製作。主演は、仲間由紀恵

概要[編集]

江戸時代の七代将軍徳川家継の世に起こった「絵島生島事件」を軸に、愛憎を交錯させた大奥の世界を描く。女優の衣装代に1億円をかけたことでも話題となっている。「大奥シリーズ」の完結篇としての製作であることが事前に発表されていた。

フジテレビで放送されたテレビドラマ「大奥」の集大成的な作品であるため、監督と脚本はそのままシリーズを担当した林徹浅野妙子が担当し、テレビドラマ版に出演したキャストが多数出演した。2003年版の「大奥」からは、浅野ゆう子鈴木砂羽本田博太郎原田龍二、井之上淳が、「大奥〜第一章〜」(2004年版)からは、松下由樹高島礼子藤田まこと西島秀俊、山田夏海、「大奥〜華の乱〜」(2005年版)からは、谷原章介平泉成中山忍徳井優佐藤仁美火野正平が出演した(大奥スリーアミーゴス鷲尾真知子山口香緒里久保田磨希の3人も出演した)。1983年版からも杉田かおるが出演した。1983年版及び「華の乱」にも出演した江波杏子が出演し、1983年版及び「第一章~」にも出演した梶芽衣子はナレーションを担当する。「大奥スペシャル~幕末の女たち~」及び「第一章」にも出演した園英子、星野真里や、「第一章」及び「華の乱」にも出演したかとうあつきや、「大奥」「第一章」「華の乱」とシリーズ3作に出演した木下ほうか山田明郷北村一輝や「大奥」「第一章」に出演した小松みゆき紅萬子木村多江も出演し、シリーズの集大成らしさが伺える。また、女子アナ31名が出演することも話題になった。フジテレビからは平井理央阿部知代遠藤玲子の現役3名と2005年12月退社の千野志麻、そしてフジテレビ系列27局から各1名ずつである。

なお、映画本編やポスター、公式ウェブサイトやバナー画像のタイトルには『大奥』の他に『OH! OKU』と併記されたものが多い(100%ではない)。これは元となったテレビドラマとは異なる。

あらすじ[編集]

時は江戸幕府7代将軍家継の時代、天下泰平のこの時代にも、幕府内部では熾烈な権力争いがおこなわれていた。2代にわたり将軍家に仕えて権勢を誇る側用人間部詮房老中たちの対立が表面化し、一方大奥でも先代将軍家宣正室天英院側室で家継の生母である月光院の対立が激しさを増していた。

大奥総取締に就任した絵島は月光院の信任を得ており、その働きぶりは大奥で評判となるが、同時に月光院と対立する天英院派の反発を買うことになる。彼らは老中たちと手を組み、間部と月光院の排斥を画策していた。

そんな折、寺社詣の帰り道に歌舞伎観劇で、看板役者生島新五郎と出会い惹かれるが、やがて彼らは江戸の大火を契機とした巨大な陰謀に巻き込まれていく。

キャスト[編集]

キャッチコピー[編集]

  • 最悪の地獄
  • 百鬼繚乱
  • 大奥・・・そこは女の理想郷か?それとも牢獄か? 

主題歌[編集]

  • 運命倖田來未(Rhythm Zone)
    • 作詞:倖田來未 作曲:日比野裕史 編曲:家原正樹

受賞歴[編集]

映画賞 対象 結果 出典
第31回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞 仲間由紀恵 受賞 [2]
優秀美術賞 吉田孝 受賞

備考[編集]

  • 本作品の生島新五郎は事件発覚後、磔刑が下され刑死しているが、史実では三宅島流罪となっている。
  • 映画の公開にあたって、関連のテレビ番組も製作・放送された。
    • 映画「大奥」メイキング
    • 映画「大奥」初日舞台挨拶
    • 男おばさん年末30分スペシャル 大奥特集

※上記詳細、及びその他関連については、大奥に関する作品の一覧の記事を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 2007年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 第31回日本アカデミー賞”. 2019年2月8日閲覧。