大妻女子大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大妻女子大学短期大学部
大妻女子大学・大妻女子大学短期大学部
大妻女子大学・大妻女子大学短期大学部
大学設置/創立 1950年
学校種別 私立
設置者 学校法人大妻学院
本部所在地 東京都千代田区三番町12
キャンパス 千代田キャンパス(東京都千代田区三番町12)
多摩キャンパス(東京都多摩市
学部 家政科
 第一部
  家政専攻
  食物栄養専攻
  生活総合ビジネス専攻
 第二部[1]
国文科
英文科
日本文学科[2]
実務英語科[2]
生活科[2]
研究科 なし
ウェブサイト 大妻女子大学短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

大妻女子大学短期大学部(おおつまじょしだいがくたんきだいがくぶ、英語: Otsuma Women's University Junior College Division)は、東京都千代田区三番町12に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は大妻短大。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 学校法人大妻学院により東京都千代田区内に設置されている日本私立短期大学。短期大学制度が発足した1950年に設置された。大妻女子大学の開学後に設置され、以来併設型の短大となっている。併設型にしては学生数が多く、ピーク時(1998年度)には6学科で1学年定員が2,300名近くになったこともあったが、大妻女子大学への学部に一部改組された学科もあり、学科数および定員が減少した(2012年度現在、入学総定員700)。かつて多摩市にあった3つの学科は、大学の学部に吸収された。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 大妻女子大学短期大学部の学訓は、大学と同様「恥を知れ」となっている。

教育および研究[編集]

  • 大妻女子大学短期大学部には、開学以来からの家政科が設置されている。これは、全国の短大でも数少ないものとなっており、家政専攻と生活総合ビジネス専攻と食物栄養専攻が設置されている。ほか、国文科や英文科も設置されている。

学風および特色[編集]

  • 大妻女子大学短期大学部は、2007年度に大学評価・学位授与機構による「第三者評価」を受けている。
  • 開学以来、大学に併設された短大として運営されている。
  • 設置されている学科が、大学の学部・学科と類似している関係上、短大卒業後その大学へ編入学する学生が多い。

沿革[編集]

  • 1950年 大妻女子大学短期大学部開学。家政科I部・II部を置く。
  • 1967年 学科の新設を行う。
    • 国文科:学生数は344[3]
    • 英文科:学生数は307[3]
  • 1968年 家政科を専攻分離する。
    • 家政専攻
    • 食物栄養専攻
  • 1988年 多摩市のキャンパスにて学科の新設を行う。
    • 生活科:学生数153[4]
    • 日本文学科:学生数147[4]
    • 実務英語科:学生数174[4]
  • 2011年 家政科に生活総合ビジネス専攻を設置する。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 東京都千代田区三番町12

象徴[編集]

  • 大妻女子大学短期大学部のカレッジマークは大学と同じものを使用している。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 家政科
    • 家政専攻
    • 生活総合ビジネス専攻
    • 食物栄養専攻
  • 国文科
  • 英文科
過去に設置されていた学科[編集]
  • 家政科第二部[1]
  • 生活科[2]
  • 日本文学科
  • 実務英語科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
資格
  • 司書:家政科家政専攻・生活総合ビジネス専攻、国文科、英文科
  • 栄養士:家政科食物栄養専攻
  • 2級衣料管理士(テキスタイルアドバイザー):家政科家政専攻
  • フードスペシャリスト:家政科家政専攻
  • ビジネス実務士:家政科生活総合ビジネス専攻
  • 秘書士:家政科生活総合ビジネス専攻
教職課程
  • かつて中学校教諭二種免許状が設置されていた。
    • 家庭
      • 家政科家政専攻
        • Ⅰ部
        • Ⅱ部
      • 生活科
    • 保健:家政科家政専攻
    • 国語
      • 国文科
      • 日本文学科
    • 英語:英文科(1999年度入学生まで)
  • 当初は家政科Ⅰ部・Ⅱ部それぞれに高等学校教諭免許状(家庭・保健)も併設されていた[5]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 大妻女子大学短期大学部のクラブ活動:基本的には大学と合同となっている。

学園祭[編集]

  • 大妻女子大学短期大学部の学園祭は、「大妻千代田祭」と呼ばれ毎年、大学と合同で10月において実施されている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 大妻女子大学短期大学部には、大学と同様「大妻コタカ記念会員」と称した同窓会組織がある。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

出身者[編集]

施設[編集]

千代田キャンパス[編集]

  • 使用学科:家政科・国文科・英文科
  • 使用専攻科:なし
  • 使用附属施設:大妻記念会館
  • 交通アクセス:東京地下鉄半蔵門線半蔵門駅またはJR東日本中央本線市ヶ谷駅下車。
  • 設備:講堂「ホワイエ」・パイプオルガン・大妻講堂・本館・A棟・B棟・C棟・体育館・アトリウムなどがある。

旧・多摩キャンパス[編集]

  • 使用学科:生活科・日本文学科・実務英語科
  • 使用専攻科:なし
  • 使用附属施設:大妻文化センター
  • 設備:現在多摩キャンパスは、比較文化学部や人間関係学部・社会情報学部学生のためのキャンパスとなっている。

[編集]

  • 「大妻久我山寮」と称した学生寮がある。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

カナダ[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 学生募集は2001年度まで。2003年3月31日廃止。
  2. ^ a b c d 学生募集は1998年度まで。2001年5月29日廃止。
  3. ^ a b 昭和43年度版『全国学校総覧』30頁より
  4. ^ a b c 64年度版『全国学校総覧』56頁より。
  5. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)54頁より
  6. ^ a b 2000年度入学用入学案内冊子より

公式サイト[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。