大姓八族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
だいせいはちぞく
各種表記
ハングル 대성팔족
漢字 大姓八族
発音 テソン パルチョク
日本語読み: だいせい はちぞく
ローマ字 Daeseong Paljok
マッキューン=
ライシャワー式
Taesŏng P'alchok
テンプレートを表示

大姓八族(だいせい はちぞく)は、朝鮮半島百済の時代に百済にあった8支の権勢ある姓氏を言う。百済開国の君主温祚王に付き従った8家の貴族姓氏である[1]。中国の歴史書『隋書』によれば、百済の大姓八族として次の8支姓を記録している[2]。そのうち、解氏と真氏は百済早期にあっては、相当大きな権力を掌握しており、百済の数多くの皇后は全てこの両家の貴族の出身である。

沙氏・燕氏・刕氏・解氏・真氏・国氏・木氏・苩氏

百済滅亡後[編集]

663年新羅の連合軍は百済を滅亡させた(史上、白村江の戦いと称する)が、苩氏は唐と新羅の追跡をかわして生き延びるために、名を改めて「白氏」とし、姓名を隠匿して、滅族の難を逃れることができたという。苩氏以外のこれら上述の大姓八族もみな消滅させられるか変姓させられた、と言われる(例えば木氏睦氏に改めたと言われる)。ただし、の各姓氏は系統は不明ながらも現存している。

誤記[編集]

北史』と『通典』等には、貞氏に代わって真氏が記録されているのに、『三国史記』には貞氏の人物が全く見られない点を承けて、おおよそ貞は真の誤記であるものと見る。

乾隆帝の時に編纂した『満州源流考』では、百済の大姓八族中、苩氏を苗氏と記録しているが、漢字として苩と苗の文字が似通った形であって、不注意で両者を混同して誤って記録したものと見える[3]

姓氏別主要人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Park, Hyun Sook, «백제의중앙과지방»(Central area and regions of Baekje), p. 71, Juryuseong, 2005, 8987096513
  2. ^ 隋書Wikisource reference  卷81「列傳」第46「東夷」百濟條. - ウィキソース. 
  3. ^ 장진근 역주, 『만주원류고』, 파워북, 2008년, 128쪽.