大学コンソーシアム石川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大学コンソーシアム石川が入る石川県政記念しいのき迎賓館

大学コンソーシアム石川(だいがくコンソーシアムいしかわ)とは、石川県内のすべての高等教育機関(大学短期大学高等専門学校)が連携して設立された一般社団法人。事務局は石川県金沢市広坂に所在する。

概要[編集]

県の総合的な教育力や発信力を高めていくべきだと考えた石川県が県内の高等教育機関間の教育交流、発展及び地域社会の学術・文化・産業の発展を目的として、1999年(平成11年)に設立した「いしかわ大学連携促進協議会」が前身。2012年1月現在、石川県内の20の高等教育機関(13の大学、5つの短期大学、2つの高等専門学校)すべてが参加している。

当初は短期大学間での単位互換事業から始まり、2003年からは県内の高等教育機関全てが参加、「いしかわシティカレッジ」を開始。2006年、運営主体を県から高等教育機関に移管し「大学コンソーシアム石川」を設立。2010年4月石川県広坂庁舎より石川県政記念しいのき迎賓館に事務局を移転、7月より一般社団法人化し、「一般社団法人 大学コンソーシアム石川」となる。

単位互換事業の「いしかわシティカレッジ」では、各高等教育機関の教員が講師を務める教養科目を開講し、受講者が単位取得すると所属の高等教育機関の卒業要件単位として認められる。また、授業は一般の希望者にも開放される。

沿革[編集]

  • 1999年(平成11年)7月 - いしかわ大学連携促進協議会(事務局:県庁内、会長:県知事)が設立。
  • 2003年(平成15年)7月 - 石川県内のすべての高等教育機関が参加。各校間に単位互換協定を締結し、石川県広坂庁舎に「いしかわシティカレッジ」及び事務局を開設。
  • 2006年(平成18年)4月 - 運営主体を県から大学連合体へ移管し、「大学コンソーシアム石川」が発足。
  • 2010年(平成22年)4月 - 事務局が石川県広坂庁舎から石川県政記念しいのき迎賓館へ移転。
  • 2010年7月 - 一般社団法人化。

主要役員[編集]

会長
副会長
理事
監事
  • 浜﨑洋(石川県出納室出納担当課長)
  • 谷内憲生(税理士) 
特別顧問

加盟団体[編集]

高等教育機関[編集]

自治体[編集]

経済団体[編集]

  • 石川県商工会議所連合会
  • 石川県商工会連合会
  • (社)石川県経営者協会
  • 石川県中小企業団体中央会
  • (社)金沢経済同友会
  • (社)石川県鉄工機電協会
  • (社)石川県繊維協会
  • (社)石川県建設業協会
  • (社)石川県食品協会
  • (社)石川県情報システム工業会
  • 石川県酒造組合連合会
  • (社)金沢青年会議所

その他関係機関[編集]

関連項目[編集]