大学院受験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大学院受験(だいがくいんじゅけん)とは、大学院入学試験を受験することである。大学院の入学試験については、大学院入試(だいがくいんにゅうし)、院試(いんし)などとも呼ばれている。

概要[編集]

大学院の課程には、修士課程専門職学位課程博士課程[1]がある。大学院の課程に入学志願できる者は、大学卒業または卒業見込みの者、学士学位を有する者[2]などがあげられる。その他、大学院をおく各大学が個別に入学資格を事前審査し、当該大学院の入試に出願できる場合がある[3][4]。大学院によっては、飛び入学制度を設けているところもある。大学院受験においては、当該大学院を設けている大学の学部[5]の卒業見込み者に対しては内部推薦枠が存在する。

脚注[編集]

  1. ^ 博士前期課程・博士後期課程・後期3年博士課程・一貫制博士課程・4年制博士課程
  2. ^ 省庁大学校や、高等専門学校の専攻科を卒業し、大学評価・学位授与機構から学士学位を授与された者(見込みを含む)など。
  3. ^ 短期大学や、高等専門学校の本科を卒業し、所定の実務経験や業績を有する者など。
  4. ^ 外国において、正規の16年の課程を修了したもの(見込みを含む)。
  5. ^ 学部以外の教育研究上の基本となる組織を含む。

関連項目[編集]