大宇根弘司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大宇根 弘司(おおうね ひろし、1941年 - )は、日本の建築家である。社団法人である日本建築家協会(JIA)会長、東京理科大学非常勤講師などを歴任した。静岡県生まれ。

経歴[編集]

夢の島熱帯植物館(1988)

1960年藤枝東高等学校卒。1965年、東京大学工学部建築学科を卒業後、前川國男建築設計事務所に入所した。山梨県立美術館を設計を担当。1982年、大宇根建築設計事務所設立。代表作に (仮称)麻布子ども中高生プラザ等複合施設(設計プロポーザルで選定)。東京エレクトロン仙台事業所研究開発施設2号棟、芸術の森公園・山梨県立文学館、東京都夢の島熱帯植物館など。

参考文献[編集]

  • 「前川國男・弟子たちは語る」建築資料研究社(2006年3月発行)
  • 「建築画報」352号(2012年11月27日発刊)