大安寺村 (福井県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
だいあんじむら
大安寺村
廃止日 1957年4月1日
廃止理由 分割・編入合併
川西村、大安寺村(一部) → 川西村
福井市、大安寺村(一部) → 福井市
現在の自治体 福井市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 福井県
坂井郡
面積 8.46km².
総人口 2,160
国勢調査1950年
隣接自治体 福井市
坂井郡春江町、川西村
吉田郡河合村
大安寺村役場
所在地 福井県坂井郡大安寺村
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

大安寺村(だいあんじむら)は福井県坂井郡にあった。現在の福井市中心部の北西、九頭竜川日野川左岸にあたる。

地理[編集]

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、島山梨子村・内山梨子村・仙村・御所垣内村・江上村・剣大谷村・天菅生村・岸水村・四十谷村・田ノ谷村・北楢原村・南楢原村の区域をもって発足。
  • 1957年昭和32年)4月1日 - 分割され、大字剣大谷・江上・御所垣内・仙・島山梨子・内山梨子(現在の宮ノ下地区)が川西村に、大字南楢原・北楢原・田ノ谷・四十谷・岸水・天菅生が福井市にそれぞれ編入。同日大安寺村廃止。

分村合併騒動[編集]

1957年(昭和32年)4月1日、大安寺村は北部が川西村、南部が福井市に分かれそれぞれ編入した。大安寺村は地勢の関係で北部は農家が多く、南部は福井市に勤務する住民が多い関係で、合併話がでた際、北部は川西村へ、南部は福井市への編入をそれぞれ主張していた。55年の村長選挙では福井派が当選したものの、議会は福井派7名、川西派5名となり、村を二分する対立へと発展した。村当局と福井派は全村の福井市編入を主張し、川西派は分村してでも川西村へ編入したいと主張した。結果、村民の対立感情は日増しに高まり、日用品の購入もそれぞれの派の商店で購入するようになった。ついには呪いのワラ人形までが登場し、村内は不穏な雰囲気に包まれた。村当局の妨害がありながらも県選挙管理委員会の代執行住民投票の結果、大安寺村は分村の上、川西村と福井市にそれぞれ編入された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]