大宮以季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
大宮以季
Omiya Mochisue.jpg
大宮以季
時代 江戸時代後期 - 昭和時代
生誕 安政5年2月11日[1]1858年3月25日
死没 昭和7年(1932年7月2日[1][2]
主君 孝明天皇明治天皇大正天皇
氏族 小倉家大宮家
父母 父:小倉輔季、母:家女房
養父:大宮公典
兄弟 小倉窿季、錦小路頼言、古谷道俊、河原林岡麿、枝吉歌麿、八条隆邦、橋本寛麿、小倉常麿、橋本実梁以季
大宮政子(大宮政季の長女)
浩季
養子:公孝
テンプレートを表示

大宮 以季(おおみや もちすえ)は、幕末公家明治大正期の宮内官、政治家華族貴族院子爵議員。旧姓・小倉[1]

経歴[編集]

左近衛権中将・小倉輔季の八男として生まれる[1][3]。大宮公典の死後に家督を継承[1][3]文久3年11月28日1864年1月7日)従五位下に叙され[3][4]1873年9月29日に元服した[3]1884年7月8日、子爵を叙爵した[5][6]

1887年9月、明宮(大正天皇)勤務となる[2][4]。以後、東宮侍従、大喪使祭官、歌御会始講頌などを務めた[2]

1897年7月、貴族院子爵議員に選出され[7]研究会に所属して活動し、1925年7月まで四期在任した[2][5]

系譜[編集]

  • 父:小倉輔季
  • 母:家女房[8]
  • 養父:大宮公典
  • 妻:政子(大宮政季長女、離縁)[1]
  • 養子:大宮公孝(小倉英季四男)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『平成新修旧華族家系大成』上巻、323-324頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』40頁。
  3. ^ a b c d 『大宮家譜』
  4. ^ a b 『大日本華族大鑑』63頁。
  5. ^ a b 『人事興信録』第9版、オ151頁。
  6. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  7. ^ 『官報』第4248号、明治30年8月28日。
  8. ^ 『幕末公家集成』302頁。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 大賀妙子校訂・編集『幕末公家集成』新人物往来社、1993年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第9版、1931年。
  • 筒井住蓮編『大日本華族大鑑』都通信社、1911年。
  • 『大宮家譜』1875年。東京大学史料編纂所所蔵。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
大宮家初代
1884年 - 1932年
次代:
大宮公孝