大宮母子殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大宮母子殺人事件(おおみやぼしさつじんじけん)は、埼玉県大宮市(現・さいたま市大宮区)で発生した強盗殺人事件。

概要[編集]

当時30歳の犯人男性(犯人A)は女性問題で勤務先を解雇され、金に困窮したことから中学時代の友人(犯人B)とともに強盗を計画する。1981年昭和56年)4月4日埼玉県大宮市(現・さいたま市大宮区)において、Aと面識のあった和裁教室講師である当時60歳女性の被害者宅に侵入した。しかし、物色の物音に気付いた被害者とAは鉢合わせしてしまい、犯人は持参した鉄パイプで殴打し、共犯のBによって絞殺された。その後、物音に気付き駆けつけた当時38歳の被害者長女も鉄パイプで殴打し、絞殺した。現金預金通帳など約670万円相当を盗み逃亡した2人のうち、Aは逮捕されたものの、Bは逃亡を続けた。Bは約16年間逃亡し、病死したところを発見された。

裁判[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]