大宮道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道308号標識
大宮道路
国道308号バイパス
総延長 1.89 km
制定年 1990年
開通年 2009年 - 2010年
起点 奈良県奈良市宝来
終点 奈良県奈良市三条大路5丁目
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
大宮道路
奈良県奈良市三条大路4丁目

大宮道路(おおみやどうろ)は、奈良県奈良市宝来から同市三条大路5丁目に至る、延長1,890mの国道308号バイパス道路である[1]

概要[編集]

大宮通りを拡幅、立体化し、菅原-宝来間の渋滞解消を目標としている。大宮通りの近鉄橿原線跨線橋から第二阪奈有料道路宝来ランプ手前までの区間に4車線の高架道路が続く。そして、高架道路の側道部分には、4車線の平面道路が整備され三条菅原線と直結する。

現在の道路を、大宮通りの奈良方面から大阪方面へ走ると、近鉄橿原線跨線橋を上がった地点で、高架道路と平面道路の分岐がある。高架道路はそのまま宝来ランプ手前でまで伸びている。高架から一旦地上に降り左から平面道路が合流、そのまま旧阪奈道路へと進む。現時点では、車線がポールで仕切られており、第二阪奈有料道路へは平面道路からしか入れず、高架道路からは阪奈道路にしか進入できない。ただし、第二阪奈有料道路から奈良方面へは高架道路/平面道路どちらへも進む事ができ、また、高架道路から、菅原ランプを経由して三条菅原線への分岐も可能である。

また、当初の計画では、平面8車線の予定であったが、渋滞緩和の為、4車線分を高架道路へ変更をしている。

路線データ[編集]

  • 起点:奈良県奈良市宝来
  • 終点:奈良県奈良市三条大路5丁目
  • 総延長:1,890m
  • 規格:第4種第1級
  • 道路幅員:40.0m
  • 設計速度:60km/h
  • 車線数:8車線
  • 総事業費:約302億円

沿革[編集]

  • 1990年平成2年) - 事業着手
  • 2009年(平成21年)4月27日 - 高架部分(西行きのみ1車線)が暫定併用。
  • 2009年(平成21年)7月8日 - 高架部分が対面通行による暫定2車線で併用開始。
  • 2010年(平成22年)4月16日 - 暫定6車線(平面部分1→2車線 高架部分暫定2車線)供用開始。
  • 2010年(平成22年)9月30日 - 完成8車線(平面部分4車線、高架部分4車線)供用開始。

位置関係[編集]

(奈良方面) - 大宮道路 - 第二阪奈有料道路 - (大阪方面)

ICなど[編集]

  • 宝来ランプ(大宮道路の高架道路から第二阪奈有料道路へは入れない)
  • 菅原ランプ(高架道路から三条菅原線への分岐はあるが、三条菅原線から高架道路へは入れない)

出典[編集]

  1. ^ 国道308号 大宮道路8車線供用”. 奈良県. 2014年7月5日閲覧。

関連項目[編集]