大屋幸輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大屋 幸輔(おおや こうすけ、1963年 - )は日本の経済学者大阪大学金融・保険教育研究センターセンター長、教育研究実施専門委員会委員、兼任教員。大阪証券取引所寄付研究部門教員、経済学研究科教授。専門は統計学計量経済学の理論。現在は、金融市場における計量分析、特にマーケット・マイクロストラクチャーに関連する計量分析、高頻度データの時系列分析などが研究テーマ。福岡県生まれ。

略歴[編集]

論文と著作[編集]

  • 大屋幸輔『コア・テキスト統計学』新世社、2003 ISBN 4-88384-050-6
  • 森棟公夫と共著,"Limited Information Estimation and Testing Subject to Linear Constraints", Journal of Statistical Planning and Inference, 50, 1996.
  • "Wald LM and LR Test Statistics of Linear Hypotheses in a Structural Equation Model", Econometric Reviews, 16, 1997.
  • 戸田裕之と共著, "Dickey-Fuller, Lagrange Multiplier and Combined Tests for a Unit Root in Autoregressive Time Series", Journal of Time series Analysis, 19, 1998.

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文 『経済現象における構造変化の統計的検証』 - 博士論文書誌データベース