大山健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大山 健太郎(おおやま けんたろう、1945年7月3日[1] - )は、日本の実業家、アイリスグループ会長。アイリスオーヤマ株式会社代表取締役会長。

経歴[編集]

8人兄弟の長男として大阪府南河内郡道明寺村(現藤井寺市)に生まれる。祖父趙性[王へんに畿]は漢方医として韓国慶尚南道から昭和2年に来日した。大阪府立布施高等学校卒業。高校三年のときプラスチック成型品を作る町工場を営む父にがんが発見され進学を断念。1964年、19歳で大山ブロー工業代表者に就任。1989年、本社を仙台市に移転。1991年アイリスオーヤマに社名変更。

仙台経済同友会代表幹事、日本ニュービジネス協議会連合会副会長、東北経済連合会副会長、東北大学総長顧問、復興庁復興推進委員会委員を務める。1990年第1回ニュービジネス大賞、2004年中国大連市栄誉公民、2009年藍綬褒章受勲、同年仙台市特別市政功労者賞[2]。2017年秋、旭日重光章受勲。2018年7月1日から代表取締役会長。

著書[編集]

  • 『ホームソリューション・マネジメント 21世紀の住関連ビジネス創造』ダイヤモンド社 2001
  • 『ピンチはビッグチャンス メーカーベンダーの革新』ダイヤモンド・フリードマン社 2010
  • 『ロングセラーが会社をダメにする ヒット商品は消費者に聞け』日経BP社 2013
  • 『大山健太郎 アイリスオーヤマの経営理念』私の履歴書 日本経済新聞出版社 2016

共著[編集]

  • 『メーカーベンダーのマーケティング戦略 製造・卸売一体化の効率経営』小川孔輔共著 ダイヤモンド社 1996

脚注[編集]

  1. ^ 第17回日経フォーラム 世界経営者会議 講師プロフィール
  2. ^ 『大山健太郎 アイリスオーヤマの経営理念』著者紹介