大山国夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大山国夫(おおやま くにお、1944年昭和19年)12月12日 - )は、日本囲碁棋士福岡県出身、宮本直毅九段門下、関西棋院所属、九段。関西棋院第一位決定戦優勝など。

経歴[編集]

1957年に院生となり、1961年初段。1964年五段。1966年六段。1968年大手合優勝。1969年七段。1971年八段。1973年王座戦ベスト4、関西棋院賞道玄賞受賞。1975年関西棋院第一位決定戦決勝進出。1980年九段。1982年、関西棋院第一位決定戦決勝で牛之浜撮雄に2-1で勝って優勝。1988年IBM早碁オープン戦3位。1989年本因坊戦3次予選決勝進出。1998年王座戦ベスト4。

他に、第2、3期棋星。

参考文献[編集]

  • 『囲碁年鑑』日本棋院