大山寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大山寺駅
駅舎
駅舎
たいさんじ
TAISANJI
IY05 徳重・名古屋芸大 (0.8km)
(1.6km) 岩倉 IY07
所在地 愛知県岩倉市大山寺町東出993番地1
駅番号 IY  06 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 犬山線
キロ程 8.1km(枇杷島分岐点起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,080人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
2,091人/日
-2017年-
開業年月日 1915年大正4年)2月5日
備考 無人駅駅集中管理システム導入駅)
テンプレートを表示

大山寺駅(たいさんじえき)は、愛知県岩倉市大山寺町にある、名古屋鉄道犬山線である。駅番号はIY06

駅構造[編集]

6両編成対応の相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。

上りホームと下りホームを接続する連絡通路が改札内に存在しないため、反対方面の列車に乗車するには駅南側の踏切を使用して目的方向の改札から入場する必要がある。

犬山方面の改札付近には、岩倉市が設置したトイレがある。

のりば
番線 路線 方向 行先
1 IY 犬山線 下り 岩倉犬山方面[1]
2 上り 名鉄名古屋地下鉄伏見方面[1]

配線図[編集]

大山寺駅 構内配線略図

上小田井・
名古屋方面
大山寺駅 構内配線略図
岩倉・
犬山方面
凡例
出典:[2]


利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は1,955人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中184位、犬山線(17駅)中15位であった[3]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は1,006人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中221位、 犬山線(17駅)中16位であった[4]
  • 岩倉市の統計によると、一日平均乗降・乗車人員は下表のとおりである。
    • 年度別乗降・乗車人員から、定期枚数は360で除し、定期外枚数は365(閏日が含まれる年度は366)で除して一日平均乗降・乗車人員を求めている。
年度別一日平均乗降・乗車人員
年度 一日平均
乗降人員
一日平均
乗車人員
2008年(平成20年) 2,041 1,027
2009年(平成21年) 1,971 993
2010年(平成22年) 1,905 962
2011年(平成23年) 1,874 971
2012年(平成24年) 1,870 975
2013年(平成25年) 1,955 1,018
2014年(平成26年) 1,966 1,024
2015年(平成27年) 2,032 1,058
2016年(平成28年) 2,051 1,062
2017年(平成29年) 2,091 1,080

駅周辺[編集]

駅周辺には屋根の住宅が多い。また岩倉市北名古屋市との境界(五条川)の近くにある。

  • 岩倉市立曽野小学校
  • 岩倉市営曽野団地
  • 岩倉市立曽野幼稚園
  • 雇用促進住宅岩倉宿舎(曽野団地)

歴史[編集]

隣の駅[編集]

岩倉駅との間に稲荷前駅があったが、廃止された

名古屋鉄道
IY 犬山線
ミュースカイ快速特急特急快速急行急行準急
通過
普通
徳重・名古屋芸大駅(IY05) - 大山寺駅(IY06) - 岩倉駅(IY07)

脚注[編集]

  1. ^ a b 駅時刻表:名古屋鉄道・名鉄バス、2019年3月24日閲覧
  2. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  3. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編)『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  4. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  5. ^ 寺田裕一『改訂新版 データブック日本の私鉄』ネコ・パブリッシング、2013年、257頁。ISBN 978-4777013364。