大山寺 (徳島県上板町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大山寺
Butsuozan Taisanji 04.JPG
本堂
所在地 徳島県板野郡上板町神宅大山14
位置 北緯34度9分34.3秒
東経134度23分59.6秒
座標: 北緯34度9分34.3秒 東経134度23分59.6秒
山号 仏王山
宗派 真言宗醍醐派
本尊 千手観音
創建年 (伝)500年前後
開基 (伝)西範僧都
正式名 仏王山 大山寺
札所等 四国別格二十霊場1番
四国三十六不動尊霊場1番
文化財 銅経筒(国の重要文化財)
本堂、大師堂、回廊、鐘楼門(登録有形文化財)
公式HP 四国別格二十霊場 一番大山寺
法人番号 6480005003738
大山寺 (徳島県上板町)の位置(徳島県内)
大山寺 (徳島県上板町)
テンプレートを表示

大山寺(たいさんじ/おおやまでら[1])は徳島県板野郡上板町に所在する真言宗醍醐派の寺院。山号は仏王山。本尊は千手観世音菩薩四国別格二十霊場第一番札所、四国三十六不動尊霊場第一番札所。

御詠歌:さしもぐさ たのむちかひは 大山の 松にも法の 花やさくらむ

概要[編集]

本堂内陣

寺院は大山(標高691.3m)の中腹の標高450mあたりにあり、山頂からの眺望は「徳島百景」の一つとなっている。

寺伝によれば6世紀前後、武烈天皇継体天皇の時代に西範僧都(せいはんぞうず)が開基した阿波国最初の仏法道場であると伝えられている[2]

平安時代前期、空海(弘法大師)が阿波入国した際に当地に立ち寄り、西方笹原にあった当寺を現在地に移転し、山号を仏王山、印度の須弥山にちなみ寺名を大山寺とし、伽藍の整備を行い、恵果より授かった千手観音像を本尊として安置したと言われている。

寿永3年(1184年)源義経一行は平家討伐の折、当寺に必勝祈願をし、勝利のあと三宝荒神像・初音のつつみ・愛馬薄雪を寄進したと伝えられている。

戦国時代、近隣にあった七条城の城主・七条兼仲は当山に祈願し怪力を得たとされる。そのお礼として九重の石塔と鏡餅を当山に背負い上げたと言われている。この伝説に因み、江戸時代になると徳島藩蜂須賀家は家臣に大鏡餅を担がせ力自慢を競わせた。現在でも毎年1月第3日曜日に「力餅」と呼ばれる、大鏡餅(86キログラム)を載せた三方(合計169キログラム)を抱えて歩く距離を競う行事が行われている。

境内[編集]

三十三観音の写し
  • 山門(仁王門)
  • 鐘楼門
  • 本堂:両脇仏は不動明王坐像[3]と毘沙門天立像
  • 大師堂:向かって左に役行者、右に理源大師、三宝荒神、愛染明王、聖天。
  • 回廊:両堂を繋ぐ回廊で背面と通路を間仕切りし壇を設け木造彫刻の西国三十三所写し仏が並べられている。
  • 駿馬「薄雪」の墓と銅馬:墓は旧参道15丁目の元結掛堂の傍らに葬られ建立された五輪塔を当地に移されたもの。銅馬は1852年に鋳造されたもの。
  • 西国三十三所の写し石仏:天保2年のもので、以前は当寺への参道脇に点在していたものを境内に集められ大師堂の前に置かれている。
  • 短歌の小径:本堂に向かって左の境内左端から奥の院へ上る道。平成26年4月徳島短歌創刊777号記念事業。
  • 本坊

文化財[編集]

重要文化財
銅経筒 - 江戸時代後期の天保2年(1831年)に寺近くの経塚から発見されたという。銅製の経筒で、高さ34.5センチメートル、口径17.5センチメートル。平安時代末期の大治元年(1126年)10月の銘が刻まれている。明治43年(1910年)国の重要文化財に指定された。
登録有形文化財 (平成23.1.26登録)
  • 本堂:1661-1751建築/1796移築・1952・1985改修、木造平屋建、銅板葺、建築面積155㎡[4]
  • 大師堂:1863建築/1985改修、木造平屋建、鉄板葺、建築面積34㎡
回廊
  • 回廊:1830-1868建築、木造平屋建、瓦葺、建築面積45㎡
  • 鐘楼門:1830-1868建築/1985改修、木造2階建、入母屋造の三間一戸楼門、銅板葺、建築面積22㎡
上板町天然記念物
  • 枝垂銀杏:境内中央にそびえる。
  • 大杉:山門を過ぎた車道脇にあり。樹高28.0m、根本周囲8.24m。

奥の院[編集]

黒岩大権現
黒岩大権現
  • 本尊:波切不動明王
  • 奥の院黒岩山波切不動大祭 8月最終日曜日
  • 所在地:当寺境内より高低差約230m徒歩約40分の大山山頂近く地図

行基菩薩や聖宝尊師が修行をされたと云われ、源義経は屋島合戦の折り鞍馬山の僧正坊と親交のあった黒岩山太郎坊をたずね勝利祈願をしたと伝わる。

周辺の関連項目[編集]

  • 古道観音道:麓の和泉寺から当寺への参詣道で、和泉寺の前に西国三十三所写しの33番石仏があり上るごとにカウントダウンで参詣道に石仏が並ぶ。

前後の札所[編集]

四国別格二十霊場
20 大瀧寺 -- (47.6Km) -- 1 大山寺 -- (16.7km) -- 2 童学寺

脚注[編集]

  1. ^ 読みは「たいさんじ」だが「おおやまでら」でも良い(大山寺住職に確認)
  2. ^ しかし、日本への仏教の伝来は早くとも宣化天皇3年(538年)とされており、当寺院の開基は伝承の域を出ない。
  3. ^ 「大山無動」と称し、土御門上皇が阿波遷幸のおり寄進したもの
  4. ^ 文化財遺産オンライン http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/147077 以下も

参考資料[編集]

  • 徳島史学会 編 『新版 徳島県の歴史散歩』 山川出版社/刊 1995年 32-33ページ
  • 宮崎建樹 著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』解説編 へんろみち保存協力会/刊 2007年(第7版)
  • 現地案内板