大島令子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大島 令子
おおしま れいこ
生年月日 (1952-05-14) 1952年5月14日(66歳)
出生地 静岡県富士宮市
出身校 静岡女子大学卒業
前職 衆議院議員
現職 長久手市議会議員
所属政党社会民主党→)
無所属
親族 娘・大島もえ(前・尾張旭市議会議員[1]
公式サイト 大島令子ブログ まちづくりハートネット

当選回数 2回
在任期間 2015年5月1日 - 現職

選挙区 比例東海ブロック愛知7区
当選回数 1回
在任期間 2000年6月25日 - 2003年10月10日

Flag of Nagakute Aichi.JPG 長久手町議会議員
当選回数 2回
在任期間 1991年 - 1999年
テンプレートを表示

大島 令子(おおしま れいこ、1952年5月14日 - )は、日本政治家愛知県長久手市議会議員(2期)。長久手町議会議員(2期)、衆議院議員(1期)を歴任した。

来歴[編集]

静岡県富士宮市生まれ。静岡県立富士宮東高等学校を経て静岡女子大学を卒業。その後、高麗大学校大学院にて学んだ。

愛媛県松山市にて書店経営生活協同組合の運営に携わった。その後、愛知県名古屋市にて会社員として働いていたが、1991年長久手町議会議員選挙に出馬し、初当選した。1995年の選挙で再選され、連続2期務めた。

1999年愛知県議会議員選挙に愛知郡選挙区から無所属(民主党社民党推薦)で立候補するも落選。

衆議院議員初当選[編集]

2000年第42回衆議院議員総選挙社会民主党から立候補。得票数3位で敗れるも比例復活で初当選を果たした。2003年第43回衆議院議員総選挙で落選。2005年第44回衆議院議員総選挙は比例単独で立候補し、落選。

地方政界への復帰[編集]

2007年の長久手町長選挙に立候補を表明し、無所属で出馬した[2]が、600票弱の差で次点となり、加藤梅雄に敗れ落選した[3]。続く2011年8月28日投開票の長久手町町長選挙[4]にも再度立候補し、「情報公開日本一の町」を重点政策に掲げ、5588票を得たが、自由民主党公明党の推薦を受けた新人候補の吉田一平(8607票)に敗れた[5][6]

2015年長久手市議会議員に初当選。2019年、再選(無投票当選)。

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成。2000年には、大島ら超党派女性国会議員50名が、夫婦別姓選択制を求めて当時の森総理に申し入れを行った。申し入れでは、「とくに若い世代では、夫婦別姓選択制を望む声が高まっています。政府には、世論を喚起するなど、夫婦別姓選択制を導入するための努力を望む」としている[7]

略歴[編集]

  • 1952年 - 誕生
  • 1971年 - 静岡県立富士宮東高等学校卒業
  • 1975年 - 静岡女子大学卒業
  • 1991年 - 長久手町議会議員
  • 2000年 - 衆議院議員
  • 2005年 - 高麗大学校大学院修了
  • 2015年 - 長久手市議会議員

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 尾張旭市議会議員 大島もえ公式サイト 明日から総選挙本番開始 2005年08月29日
  2. ^ 「元衆院議員大島令子氏――長久手町長選出馬表明」『とうめい新聞<長久手町長選>元衆院議員大島氏が選出馬表明』とうめい新聞社、2007年2月23日
  3. ^ 「現職加藤氏が4選果たす」『とうめい新聞<長久手町長選>現職加藤氏が4選果たす』とうめい新聞社、2007年8月27日
  4. ^ 同町は2012年4月からの単独市制施行が決まっていたため、長久手市の初代市長を決める選挙でもあった。
  5. ^ 朝日新聞 マイタウン愛知 2011年8月29日付 「長久手町長に吉田氏初当選
  6. ^ 吉田一平活動ブログ 平成23年9月3日付 「平成23年8月28日(日)
  7. ^ 夫婦別姓選択性導入などを盛りこんだ民法改正案推進を求める申し入れ 2000年9月29日

関連項目[編集]