大島和久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大島和久(おおしま かずひさ、1981年4月8日 - )は、日本舞台芸人喜劇俳優である。吉本新喜劇の座員。大阪府大阪市出身。吉本興業所属。既婚者。

経歴[編集]

  • 大阪スクールオブミュージック専門学校卒業後、吉本主催のオーディションに合格して入社した。
  • 同じ新喜劇の小米良啓太太田芳伸南出一葉と「ラッキーパンチパーマ南」を結成。うめだ花月にて不定期に行われる「よしもと新喜劇“金のひよこ”LIVE」にてコントを披露している。
  • 読売テレビ製作のドラマ、「天使のココロ」に出演。
  • 2005年夏、平山とともに新喜劇の野外イベント「吉本大サーカス」で空中ブランコに挑戦、成功した。役柄は小籔千豊率いるサーカス団員で、飛べなくなった空中ブランコ乗りだった。
  • 高校時代は陸上(主に短距離)の選手として、なみはや国体に出場し、100mのベストタイムは11秒フラットである。
  • 新喜劇ではホモ役を演じることが多かった。(相手役は主に村上斉範中恭太伊賀健二信濃兵夫、レイチェルも演じたことがある。)
  • またその整ったルックスからマドンナ女優の恋人やフィアンセ、ホストなど二枚目役もこなす。
  • ホモ役やチャラいホストなどボケ役に回ることが多いが本人は内場勝則に憧れて新喜劇に入団したことから回し役を目指しており[1]、またその努力と実力を積み重ね続け2017年あたりから辻本茂雄座長公演で辻本のツッコミ(舞台回し)を任されている。
  • 28歳のときに結婚し32歳のときに息子が誕生[2]
  • 特技はバク転・バク宙。度々新喜劇で披露することもある。
  • 三人兄弟の次男。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ よしもと新喜劇 座員紹介 第64回 大島和久 | MBS”. www.mbs.jp. 2020年3月13日閲覧。
  2. ^ よしもと新喜劇 座員紹介 第64回 大島和久 | MBS”. www.mbs.jp. 2020年3月13日閲覧。