大島清 (性科学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大島 清(おおしま きよし、1927年1月25日 - )は、日本の性科学者、脳生理学者、京都大学名誉教授。

人物[編集]

広島県生まれ。東京大学医学部卒業。1963年「Progesteroneの中枢作用に関する電気生理学的研究」で東大医学博士京都大学霊長類研究所教授、1991年定年退官し名誉教授、愛知工業大学教授を務めた。サケの母川回帰、サルとヒトの生殖生理の比較研究など、生物の「性」に学問的関心を寄せ、50代半ば以降、多数の一般向け著作で知られる(著書に付されたプロフィールより)。

次第に育児法、健康法などの本が多くなり、食事や歩くことの勧めなどが多くなっている。

著書[編集]

  • 『胎児からの子育て』築地書館 1983
  • 『頭の強い人は性にも強い 性の老化を防ぐ本』光文社(カッパ・ビジネス)1984
  • 『サルとヒトのセクソロジー』メディサイエンス社 1984
  • 『性感帯の科学』ごま書房(ゴマポケット)1985
  • 『ホモエレクトス 発情期を失ったサル』あゆみ出版 1985
  • 『性と男脳、女脳 S/HE人間の時代』朝日出版社 1985
  • 『快楽の構造』中央公論社 1985
  • 『女の科学 知っているようで知らない女体の神秘』ごま書房(ゴマポケット)1986
  • 『世紀末の病 エイズウイルスは、かく語りき』光文社 1986 のち文庫
  • 『女の脳・男の脳 大脳生理学が明かしたこの驚くべき性差』祥伝社(ノン・ブック)1987
  • 『フェロモン 愛はにおいである』河出書房新社(アスファルト・ブックス)1987
  • 『ヒトはなぜヒトを愛するのか 男と女の不思議な科学』PHP研究所 1987 のち文庫
  • 『胎児は訴える いのちの芽生えから生まれる日まで』主婦の友社 1987
  • 『オスはどうして男になったか』筑摩書房(ちくまライブラリー)1987
  • 『胎児に音楽は聴こえるか 生命誕生の科学と神秘』PHP研究所 1988
  • 『性は脳なり 教養としてのセクソロジー』大修館書店 1989
  • 『頭の使い方 大脳生理学が立証した"食う・寝る・遊ぶ"方法』ごま書房 1989
  • 『脳と性欲 快楽する脳の生理と病理』共立出版(ブレインサイエンス・シリーズ)1989
  • 『脳の若さが保てる知的壮快学 こうすれば、男盛りからの生き方が面白い』大和出版 1989
  • 『脳が快楽するとき つまり、人は発情期を喪失したサルである』情報センター出版局 1989 のち集英社文庫
  • 『知ってるようで知らない性常識』ポケットブック社 1990
  • 『胎児教育 赤ちゃんは、お腹の中で学んでいる』ごま書房(ゴマブックス)1990
  • 『ヒトは愛すると、なぜ美しくなれるのか』二見書房 1990
  • 『老いを「脳」で定義する 「老いと性」の新しい時代』情報センター出版局 1990
  • 『胎教コンサート すこやか赤ちゃん、しあわせお母さんの Balloon music』主婦の友社 CD books 1990
  • 『40歳からの手習い術 思いたったが吉日、さあ始めよう!』ごま書房 1991
  • 『中学生の大脳全開勉強法 脳生理学の権威があかす驚異の学習プログラム』二見書房 1991
  • 『性がここまでわかってきた 「好きになる」とは、どういうことか』光文社 1991
  • 『赤ちゃんの頭をよくする胎教と0歳児教育』二見書房(サラ・ブックス)1991
  • 『世紀末人類への処方箋 環境破壊と現代病を超えて』東急エージェンシー出版事業部 1991
  • 『性は生なり』毎日新聞社 1991 のち講談社+α文庫
  • 『女の「ホンネ」と「タテマエ」が読める本 信頼される紳士の条件』大和出版 1991
  • 『ヒトはなぜ愛されたいのか 性の不思議が見えてきた』ベストセラーズ(ワニの本)1991
  • 『ビジネスしながら頭をよくする本 大島式・頭脳活性法』東急エージェンシー出版事業部 1992 「ビジネスマンのための頭脳特訓法」PHP文庫
  • 『雑学男と女の謎と不思議 染色体から性行動まで性差を科学する!!』日東書院 1992
  • 『男の器量は「Hな脳」で決まる 大脳生理学が教える なぜ助平な人間ほど大きな仕事ができるのか』実業之日本社 (Just books) 1992
  • 『ヒトは記憶するサルである』飛鳥新社 1992
  • 『願望実現の技術 夢をかなえる"願望脳"のつくり方』ごま書房(ゴマブックス)1992
  • 『ヒトはみな生まれる前は女だった』二見書房 1992
  • 『人はなぜ「その愛」を選ぶのか 心とからだの不思議がわかれば、“幸せなふたり"になれる』大和出版 1992
  • 『朝から眠る女はブスになる 大脳生理学が明かす"いい女"になる方法』ごま書房 1993
  • 『知っているようで知らない男と女のカラダ99の不思議』1993(二見wai wai文庫)「ヒトの快感を操る脳の不思議」2009
  • 『電車ですぐ座る男はインポになる 不能男、無能男、痴脳男の見抜き方』ごま書房 1993
  • 『あなたの息子はオトコになれない 大脳生理学が解明する「冬彦さん」の秘密』徳間ブックス 1993
  • 『「Hな脳」で迫るできる男の行動学 よく仕事をする者がよく色を好む本当の理由』実業之日本社 (Just books) 1993
  • 『女の子のからだとこころの本』全4巻 偕成社 1994
  • 『フェロモンの出し方 異性をひき寄せる魔法の物質』ごま書房(ゴマブックス)「女性を引き寄せる大脳誘引術」改題 1997
  • 『人は「性」とどうつき合うか 心ゆたかな人生を創造するために』大和書房 1994
  • 『人生は定年からが面白い 快楽を呼ぶ「脳と性」の使い方』講談社 1994
  • 『快楽進化論』1994 角川選書
  • 『受験にがまんは禁物 “勉強脳"を活性化させるには、遊べ、恋愛せよ、マスをかけ』ごま書房(ゴマブックス)1995
  • 『頭脳200%活性法 前頭葉を鍛えればあなたも変身できる』PHP研究所 1995 のち文庫
  • 『性紀末』毎日新聞社 1995
  • 『人生を生ききる性脳学 「性を愉しんで脳を鍛える」知的生き方のススメ』講談社 1995
  • 『頭の健康法 脳ミソにも栄養・休養が必要です』ごま書房(ゴマ健康ブックス)1995
  • 『三つも四つも生きがいを求める人のための スーパー独学術』ごま書房 1995
  • 『円熟開花 脳を満足させる生き方』ごま書房 1996
  • 『快活脳の育て方』新講社 1996 「脳年齢が若くなる生き方」改題 2006
  • 『「脳」活性法』KTC中央出版 1996
  • 『感動脳の活かし方 若さと幸せを呼ぶEQ(感情知性)の秘密』海竜社 1996
  • 『女の美しさは脳でつくられる ダイエット・エステ不要の"超"美身術』ごま書房 1996
  • 『仕事を征服し、女にモテる強い男を作る法 大脳生理学が明かす「脳」の鍛え方』ごま書房(ゴマ生活ブックス)1996
  • 『知性を究める食脳学 知的生活は脳を鍛える「食」から生まれる』講談社 1996
  • 『離陸する妻たち 男と女の脳のメカニズム』小学館 1997
  • 『ドクター大島の脳内快感物質ラクラク超勉強法』1997 二見文庫
  • 『ヒトは、なぜ「いじめ」るのか 肥大した脳の反乱』現代書林 1997
  • 『かしこい親は脳から育てる 幼児脳の鍛練法』家の光協会 1997
  • 『頭をよくするEQ脳の鍛え方』朝日出版社 1997
  • 『なぜヒトの性だけ複雑になったのか あくなき快楽を求める人間のsexの不思議』1997(Kawade夢新書)
  • 『女心を見抜く20の急所 こうすれば女をラクに説得できる』大和出版 1997
  • 『性欲』ごま書房(ゴマブックス)1997
  • 『すべては脳から始まる 創造的人生のすすめ』大和書房 1997
  • 『頭の修理工場』ごま書房 1997
  • 『不老の探求』龍門出版社 1997
  • 『人生、脳の鍛え方で面白くなる 私の快老脳8つの実践原則』海竜社 1998
  • 『快楽する脳 だから、男と女はひかれ合う』勁文社 1998
  • 『脳が若返る遊歩学』講談社 1998
  • 『立ち止まれ、その子育て』主婦の友社 1998
  • 『上司から脳をまもれ』新講社 1998
  • 『子供の脳力は9歳までの育て方で決まる まだ遅すぎることはない!』海竜社 1999
  • 『「潜在脳」はこうして活かせ 「創造力・判断力・記憶力・語学力…」脳力はまだまだ伸びる!』ダイヤモンド社(達人ブックス)1999
  • 『男の脳は「欠陥脳」だった』新講社 1999
  • 『ふまじめな脳 人生を気楽に生きるヒント』PHP研究所 1999
  • 『脳がよみがえる80のヒント 「老化する脳」と「若返る脳」はここが違う』実業之日本社 1999
  • 『女ゴコロをつかむ45の心理法則 その「タテマエ」と「ホンネ」を徹底検証』大和出版 1999
  • 『自分の中の「男脳」「女脳」をこう生かそう!』2000 成美文庫
  • 『定年後に若返る生き方』講談社 2000
  • 『子どもが伸びる脳の育て方 お母さん思いっきり抱きしめて』海竜社 2000
  • 『55歳から駄目になる脳、伸びる脳』同朋舎 2001
  • 『なぜか「肝っ玉が太い人」の共通点』新講社 2001
  • 『もの忘れをなくす50の生活習慣』ベストセラーズ 2001 「「もの忘れ」がなくなる本」ワニ文庫
  • 『人は脳なり 人間は脳によってのみ人間である』致知出版社 2001
  • 『脳を豊かに育てる「食脳学」』芽ばえ社 2001
  • 『好かれる老人嫌われる老人 心構えひとつで老後は楽しい』新講社 2002
  • 『成長する脳の不思議』第三文明社 2002
  • 『思い出して使ってみたい美しい日本語』新講社 2002
  • 『「生きる力」の強い人弱い人』新講社 2002
  • 『温泉と駄ジャレと手料理が脳に効く』新講社 2003
  • 『頭が良くなる脳科学講座 眠っている潜在脳を刺激し、記憶力、発想力、集中力を高めて人生を楽しむために』ナツメ社(らくらく入門塾)2003
  • 『「超難問!」アタマがめざめる脳力パズル』青春出版社(プレイブックス)2003
  • 『記憶力を高める50の方法』ベストセラーズ 2003
  • 『女の脳につけ入る法男の脳にとり入る法 大脳生理学でわかる女と男の行動原則75』実業之日本社 2003
  • 『「超」脳力upプロジェクト 30日かんたんトレーニング』きこ書房 2003
  • 『大島清の「快老」学』麗澤大学出版会 2003
  • 『モノ忘れに負けない本!』日本実業出版社 2003
  • 『歩くとなぜいいか?』新講社 2004 のちPHP文庫
  • 『脳と心のゆがみを正す子育て力』家の光協会 2004
  • 『大島清の不老の探求 若さを創る「脳と体」の鍛え方』2004(PHPエル新書)
  • 『脳をきたえれば人生はうまくいく』東京書籍 2004
  • 『不老に効くクスリ』三笠書房 2004
  • 『若返り活脳法 あなたの脳は180歳まで生きる』イーグルパブリシング 2004
  • 『「脳を刺激する」80のわたしの習慣』新講社 2004 のち集英社文庫
  • 『歌うとなぜ「心と脳」にいいか?』新講社 2005
  • 『もの忘れを防ぐ朝1時間のワークブック』ベストセラーズ 2005
  • 『男の子のしつけ方女の子のしつけ方』海竜社 2005
  • 『歩く人はなぜ「脳年齢」が若いか?』新講社 2005
  • 『「感動」するとなぜ脳にいいか?』新講社 2005 「「感動する人」はなぜ若々しいのか」2011
  • 『図解これが記憶法のすべてだ!』ディスカヴァー・トゥエンティワン 2006
  • 『「怠け脳」を「働き脳」に変える習慣術 朝起きてから夜寝るまで、脳科学が実証する「繰りかえし」の魔術』日本文芸社(パンドラ新書)2006
  • 『いい「ことわざ」はいい人生の案内人』新講社 2006
  • 『犬と歩けば脳にいい!』新講社 2006
  • 『かんたん、手抜き、うまい「おとこ飯」』新講社 2006
  • 『「脳年齢」が若くなる生き方』新講社、2006 改題「「脳」がよくなる生き方」2009
  • 『ヤセたいならまず歩く!』新講社 2007 「「ふつうに歩くだけ」ダイエット」2009
  • 『眠り上手』新講社 2007 改題「「眠り下手」を直して朝からスッキリ」2009
  • 『デキる女とダメな男の脳習慣』2007 角川oneテーマ21)
  • 『脳は「歩いて」鍛えなさい』新講社 (Wide shinsho) 2007 「脳は「楽しく歩く」と若返る!」三笠書房 知的生きかた文庫
  • 『いつまでも「若い脳と体」の習慣術』新講社 2008
  • 『脳がさえる50の習慣』ベストセラーズ(ワニ文庫)2008
  • 『子供の脳を伸ばす親壊す親』海竜社 2009
  • 『「悩まない」力』新講社 (Wide shinsho) 2009
  • 『なぜ、脳はセックスで活性化するのか?』実業之日本社(じっぴコンパクト新書)2009
  • 『いい「ことわざ」はいい人生をつくる』新講社 Wide shinsho 2011
  • 『「老いてますます人に好かれる人」の心の習慣』新講社 WIDE SHINSHO 2012

共著[編集]

  • 『人間の生と性』近藤四郎共著 1982 岩波新書
  • 『お母さんになる日 胎児に学ぶすてきな10カ月』竹村欣三共著 佼成出版社 1991
  • 『昨夜はよく眠れましたか 枕を高くして寝るためのスリーピング・テキスト』眠りの森の美女たち共著 双葉社 1993
  • 『賢い脳のつくり方』竹村健一 PHP研究所 1997
  • 『触れることが脳を育む、人を育む』福原義春 求龍堂(福原義春サクセスフルエイジング対談)2000
  • 『わらべうたが子どもを救う 教育の原点は「言葉みがき」』大熊進子、岩井正浩 健康ジャーナル社 2002

翻訳[編集]

  • ロバート・オーンスタイン、デイヴィッド・ソーベル『ヘルシー・プレジャー 病は気から』ティビーエス・ブリタニカ 1991
  • ブレア・ジャスティス『病気になる理由、ならない理由 ポジティブな脳と心が「治る力」を引き出す!!』PHP研究所 1997

脚注[編集]