大島由香里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
おおしま ゆかり
大島 由香里
プロフィール
本名 大島 由香里
愛称 ゆかりん
出身地 日本の旗 日本 神奈川県平塚市
生年月日 (1984-01-24) 1984年1月24日(37歳)
最終学歴 成城大学経済学部
所属事務所 スターダストプロモーション
職歴フジテレビアナウンサー
活動期間 2007年 -
ジャンル 深夜番組、バラエティ番組、報道番組など
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
出演中 (TOKYO MX)『バラいろダンディ
出演経歴 (フジテレビ)『独占!金曜日の告白
超V.I.P.
未来教授サワムラ
アナ☆ログ
サキヨミLIVE
新・週刊フジテレビ批評
FNNスーパーニュース
ニュースJAPAN
あしたのニュース
新報道2001
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

大島 由香里(おおしま ゆかり、1984年1月24日 - )は、日本のフリーアナウンサースターダストプロモーション所属。元フジテレビアナウンサー

来歴[編集]

神奈川県平塚市出身[1][2]

湘南白百合学園小学校湘南白百合学園中学・高等学校を卒業。成城大学経済学部に進学し、2006年3月に同大学同学部を卒業。

中学・高校時代(湘南白百合学園時代)にはバレーボール部に所属。 大学在学中、2005年7月から2007年2月まで『BSフジNEWS』のニュースキャスターを務めた(なお同番組には、2010年4月から、今度は社員として1年間出演することになる。下で説明。)。就職活動では大学3年時にフジテレビに応募し1次面接で不合格だったが、大学4年時に再度フジテレビに応募し内定

職務経歴

2007年4月、フジテレビ入社。[3][t 1][t 2]

2007年7月29日の『FNS27時間テレビ』ではグランドフィナーレの提供読みでトップバッターを務める。

2007年8月は、11日に『フジアナスタジオ まる生2007』に出演。[t 3]。同月20日~24日は、フジポッド『今日のきょう!』でナビゲーターを担当。また同8月は、フジテレビ On Demand月間ナビゲーターを同期入社の生野陽子とともに担当。また同8月から、社会貢献アナウンサー集団『エコアナ』[注 1]の一員ともなる。

同年9月3日、ドラマ『ファースト・キス』の第9話にグランドホステス役として出演。

2007年10月より、『独占!金曜日の告白』のアシスタントを担当(~ 2008年3月7日)、深夜番組『未来教授サワムラ』の助手役を担当( ~ 2008年3月)、深夜番組『アナ☆ログ』のMCを担当(~ 2008年8月31日)、深夜番組『超V.I.P.』のパーソナリティーを担当 ( ~ 2008年3月17日)。[t 4] なお同月17日からは、同期・生野陽子と合わせ、フジテレビ提供アナマガでのブログ『ユカリある☆ブログ』を開始[5](同ブログは2011年4月11日付で更新終了[6])。

2008年7月6日より、『サキヨミ』(→サキヨミLIVE)に出演 ( ~ 2009年9月20日)。

2010年2月のバンクーバーオリンピックのフジテレビ中継班のメンバーに参加、入社以来初めてスポーツ中継を担当した[7]

2010年4月から、『BSフジNEWS』のニュースキャスターを担当。

2010年7月より、『BSフジNEWS』(〜2011年3月25日)、『レインボー発』( 〜2011年3月25日)のニュース読みを担当。

2012年10月1日より、『ニュースJAPAN』メインキャスターを担当。[t 5][t 6]

2015年3月30日、前番組(『ニュースJAPAN』)に続く新番組『あしたのニュース』で引き続いてメインキャスターを担当 ( ~ 2016年4月1日)。

2016年4月3日より『新報道2001』のキャスターを担当[8]

なお、上述以外にも、フジテレビで単発や不定期の出演多数 →#出演

2016年11月19日、第1子妊娠を公表[9]、2017年3月から産休をとる予定で(その段階では)育児後に仕事を続ける予定、と語り[10]、2017年4月25日、第1子女児を出産[11]

2017年12月31日付で、11年間在籍したフジテレビを退職[12]。「今後は名古屋市を生活の拠点として子育てに専念しつつ、将来的にはフリーアナウンサーとして活動を再開することも考慮している」と報じられた[12]

育児をしながらフリーで活動し、2018年4月6日には日本テレビの『沸騰ワード10』にパネラーとして出演[t 7]、5月18日には同番組の「伝説の家政婦」コーナーに出演し、長女と自宅を初公開した[13]

2018年12月1日より、スターダストプロモーションに所属[14]

2019年9月30日より、TOKYO MXの『バラいろダンディ』の月〜木曜のアシスタントとして出演( ~ 現在)。

パーソナルデータ[編集]

出演[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組(フジテレビアナウンサー時代)[編集]

2007年
2008年
2009年
  • フジアナスタジオ まる生2009(8月15日、12月5日)
  • サキヨミ→サキヨミLIVE(2008年7月6日 - 2009年9月20日) - 当初はコーナー担当であったが、総合司会の山本モナが不祥事の責任を取る形で1回で降板したことを受け、2008年7月13日放送分から総合司会として出演していた。2009年4月5日からは平井理央に交代し、コーナー担当に戻った。
  • FNNニュース(12月31日朝・昼)
2010年
  • FNNニュース(1月2日朝・昼)
  • FNNスピーク(2月9日、2月10日、2月12日)バンクーバーオリンピック メディアセンタースタジオ担当
  • フジアナスタジオ まる生2010(10月23日) - 奥寺と出演。
  • フジアナスタジオ まる生2010(12月25日) - 同期の生野陽子、中村光宏がMCを務めたために番組に途中参加した。
  • FNNニュース(12月30日・12月31日夕方)
2011年
サブキャスター担当(椿原慶子と隔週で担当 2011年3月28日 - 2012年9月28日)
月曜 - 水曜のフィールドキャスター担当(2007年10月9日 - 2012年9月28日)
  • FNNニュース(12月29日夕方)
2012年
  • FNNニュース(1月2日昼・夕方)
  • ニュースJAPAN(2012年10月1日 - 2015年3月27日、キャスター)
  • FNNニュース(12月31日夕方)
2013年
  • FNNニュース(1月4日夕方)
2015年
2016年

DVD[編集]

印刷媒体[編集]

  • 月刊グラビア『ザテレビジョン』の2008年2月号、月刊『B.L.T.』の2008年4月号にグラビアが同期入社の生野陽子とともに掲載。『B.L.T.』では2008年5月号から連載開始。
  • モノローグ(2021年2月22日、講談社)ISBN 978-4065229934。初の写真集[22]

舞台[編集]

  • お台場学園2008〜文化祭〜[23](2008年4月26日〜5月6日)内
    1. EHON JAPAN 2008(2008年5月3日、5月4日)アナウンサーによる読み聞かせ
    2. ラヴシーン@お台場学園(2008年5月6日)

その他[編集]

  • 会員制マガジン「アナマガ+plus Premium」(フジテレビ有料サイト)
    • お台場発!とって出し!(2008年4月4日)
    • アナウンサーのお仕事(2007年8月10日、2008年3月11日)
    • リレートーク 本気でしゃべっていい!?(2007年9月12日×倉田大誠アナ、9月14日×藤村さおりアナ、2008年3月28日×森下知哉アナ、4月1日×福井謙二アナ)
    • フジアナスタジオまる生2008!短縮版(フジテレビ739放送、毎週土曜13:00〜15:00のダイジェスト版、2008年7月26日土曜放送分)

脚注[編集]

トリビア、雑学など
  1. ^ トリビア - 同期入社には生野陽子中村光宏両アナウンサーがいる。
  2. ^ 2007年4月3日の入社式で「朝の顔、夜の顔と呼ばれるアナウンサーになりたい」と抱負を語っていた。
  3. ^ トリビア - 新人アナウンサーの登龍門でもある恒例企画「まる生チャレンジ全国制覇フォトグラフ」に挑戦し、見事44都道府県で新記録達成。当日MCの高橋真麻からは「ゆかりん」の愛称(研修日誌2日目・5日目参照)がつけられた。
  4. ^ 2007年10月18日から、深夜番組『アナ☆ログ』の企画としてゆりかもめ東京臨海新交通臨海線テレコムセンター駅の案内アナウンスを担当( ~ 2008年3月)。
  5. ^ トリビア - 秋元優里の後任。
  6. ^ ニュースJAPAN』のキャスターに着任してからは、それまで長く伸ばしていた髪を切り、髪型をショートボブに変化させた。髪型を変えた理由については「心機一転、夜の視聴者の方が入り込みやすい世界観を作ろうと思った」と語った。また、自らへのけじめをつけるという意味でもあると語った(出典:“フジテレビ大島由香里アナ :髪をばっさり「心機一転」 新生「ニュースJAPAN」への思いを語る”. まんたんウェブ. (2012年10月7日). http://mantan-web.jp/2012/10/07/20121006dog00m200022000c.html 2012年10月10日閲覧。 
  7. ^ これがフジテレビ以外の局への初出演。くしくも、元フジテレビアナウンサーの高橋真麻と共演。
注釈
  1. ^ フジテレビのCSR活動を様々な場面で支えるアナウンサー集団。2008年10月時点で15名[4]
出典など
  1. ^ クセがすごい” (日本語). 大島由香里 公式ブログ. 2020年12月28日閲覧。
  2. ^ STARDUST - スターダストプロモーション制作3部 - 大島由香里のプロフィール”. スターダスト オフィシャルサイト. 2020年12月28日閲覧。
  3. ^ 番組出演者”. バンクーバーオリンピック2010. フジテレビ. 2010年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月31日閲覧。
  4. ^ ただいまのエコアナ、15人!!”. エコアナ、活動中!. フジテレビ. 2008年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月31日閲覧。
  5. ^ ユカリある☆ブログ[リンク切れ]
  6. ^ ユカリある☆ブログ”. フジテレビ (2011年4月11日). 2012年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月31日閲覧。
  7. ^ “平井理央アナ北京に続き五輪キャスター - バンクーバー五輪”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2010年1月14日). http://vancouver2010.nikkansports.com/general/news/f-sp-tp0-20100114-585777.html 2019年12月31日閲覧。 
  8. ^ “日曜朝の顔に!大島アナ、4・3から「新報道2001」キャスター就任”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年3月14日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160314/geo16031405030003-n1.html 2016年3月14日閲覧。 
  9. ^ “フジ・大島由香里アナ、第1子妊娠「大きな感動と感謝の日々」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2081723/full/ 2016年11月19日閲覧。 
  10. ^ 産経新聞『妊娠したフジ大島由香里アナ、夫・小塚崇彦氏は「早くも親子の会話楽しんでいる」』
  11. ^ “大島由香里アナが第1子女児出産 小塚崇彦氏がパパに「かわいらしい(僕似?)」”. eltha (oricon ME). (2017年4月26日). https://beauty.oricon.co.jp/news/2089778/full/ 2019年12月31日閲覧。 
  12. ^ a b “大島由香里アナ、年内でフジテレビ退社「11年間は心から幸せだった」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2017年12月14日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171214/geo17121415420023-n1.html 2017年12月14日閲覧。 
  13. ^ 今夜見てくださいね”. 大島由香里 公式ブログ. LINE (2018年5月18日). 2019年12月31日閲覧。
  14. ^ 元フジ大島由香里アナ「新しい環境で」芸能プロ所属
  15. ^ “大島由香里アナ、現場の「温度」伝えたい フジ「ニュースJAPAN」リニューアル”. 産経ニュース (産経デジタル). (2013年5月21日). https://www.sankei.com/entertainments/news/130521/ent1305210016-n1.html 2019年12月31日閲覧。 
  16. ^ 本田朋子、五十嵐圭と挙式披露宴で感涙「一生大切にしていきたい」” (日本語). サンスポ (2014年6月1日). 2020年12月28日閲覧。
  17. ^ 大島由香里”. アナマガ. フジテレビ. 2010年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月18日閲覧。
  18. ^ “小塚崇彦選手と大島由香里アナが婚約発表 来年入籍予定”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年7月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2056504/full/ 2016年3月14日閲覧。 
  19. ^ “フィギュア小塚&フジテレビ大島アナ結婚 20日婚姻届提出”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年2月21日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/02/21/kiji/K20160221012080601.html 2016年3月14日閲覧。 
  20. ^ “大島由香里アナ、小塚崇彦氏との離婚報告「娘という大切な宝物を授かったことに心から感謝」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年12月31日). https://www.sanspo.com/geino/news/20191231/div19123112540002-n1.html 2019年12月31日閲覧。 
  21. ^ “バラいろダンディ、司会が垣花正と宮崎謙介氏に 30日から一新”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2019年9月10日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/09/10/0012686314.shtml 2019年12月31日閲覧。 
  22. ^ 大島由香里アナが写真集を発売 本人は「私の中ではフルフルに露出している気分…」”. デイリー新潮 (2021年2月23日). 2021年3月7日閲覧。
  23. ^ お台場学園2008〜文化祭〜[リンク切れ]

関連項目[編集]