大島祐哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2017年5月
大島 祐哉 Table tennis pictogram.svg
木下マイスター東京基本情報よみがな おおしま ゆうやラテン語表記 OSHIMA Yuya生年月日 (1994-03-05) 1994年3月5日(25歳)国籍 日本の旗 日本出身地 京都府の旗京都府綾部市血液型 A型身長 169[1]cm体重 64[2]kgのサイズ 26cm選手情報世界ランキング 最高17位 現在25(2019年4月)[3]段級位 5段利き腕グリップ シェークハンドラケット フォルティウスFT ver.D[4]フォア面ラバー テナジー05[4]バック面ラバー テナジー80[5]シューズ WAVE DRIVE Z戦型 右シェークドライブ型ITTFサイト ITTFプロフィール経歴学歴 早稲田大学所属歴 代表日本の旗 日本代表 2015-2018ITTFワールドツアー戦歴デビュー年 2012生涯成績 306試合 217勝 勝率71%世界卓球選手権戦歴出場大会数 5初-最終出場 2015 - 2019国内戦歴 全日本選手権 男子ダブルス 2017
 
獲得メダル
日本の旗 日本
男子卓球
世界卓球選手権
2016 クアラルンプール 男子団体
2017 デュッセルドルフ 男子ダブルス
ITTFワールドツアーグランドファイナル
2015 リスボン英語版 男子ダブルス
2016 ドーハ英語版 男子ダブルス
2017 アスタナ英語版 男子ダブルス
アジア卓球選手権
2015 パタヤ 男子団体
2015 パタヤ 男子ダブルス
2015 パタヤ 混合ダブルス
2017 無錫 男子団体
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

大島 祐哉(おおしま ゆうや、1994年3月5日 - )は、日本卓球選手。京都府綾部市出身。身長は169cm[1]、体重は64kg[2]、靴のサイズ26cm[1]ITTF世界ランキング最高位は17位。段級位は5段。右シェークドライブ型木下グループ所属。

来歴[編集]

小学2年の時に兄の影響で「TTCきさらぎ」で卓球を始める[2]綾部市立豊里中学校[2]から東山高校早稲田大学(スポーツ科学部スポーツ学科)[1]に進学。中学時代には陸上も経験[7]走り幅跳びで6m50という好記録を作っている[2]。2015年、早稲田大学を卒業[1]

2015年世界選手権蘇州大会には森薗政崇とのダブルスで出場しベスト8に入り、中国オープンでは準々決勝でドミトリ・オフチャロフにフルゲームの末に勝利し、準決勝で世界ランキング1位の馬龍にもフルゲームまで持ち込んだ。年末のグランドファイナルはU-21、森薗とのダブルスで優勝する。

2016年のリオデジャネイロオリンピックの代表を吉村真晴と争うが敗れ[8]、サポートメンバーとして現地入りした[9]。同年のスウェーデンオープンでシングルス優勝を果たす[10]

2017年の世界選手権デュッセルドルフ大会には2015年大会と同様に森薗とのダブルスで出場し銀メダルを獲得した。5月30日木下グループとの契約を発表した[6]

戦績[編集]

2014
2015
  • 全日本卓球選手権大会男子ダブルス(森薗政崇) 3位
  • ITTFワールドツアー フィリピンオープン 優勝
  • ITTFワールドツアー チェコオープン(U-21) 優勝
  • ITTFワールドツアー ジャパンオープン(U-21) 優勝
  • ITTFワールドツアー クロアチアオープン男子ダブルス(森薗政崇) 優勝
  • ITTFワールドツアー グランドファイナル男子ダブルス(森薗政崇)、U-21 優勝
  • ユニバーシアード男子シングルス、男子ダブルス(森薗政崇) 準優勝、団体 準優勝
  • アジア卓球選手権団体 準優勝
2016年
  • ITTFワールドツアー ポーランドオープン男子ダブルス(森薗政崇) 優勝
  • ITTFワールドツアー ドイツオープン男子ダブルス(森薗政崇) 優勝
  • ITTFワールドツアー スウェーデンオープン男子シングルス 優勝
  • ITTFワールドツアー グランドファイナル男子ダブルス(森薗政崇) 準優勝
2017年
  • ITTFワールドツアー インドオープン男子ダブルス(森薗政崇) 優勝
  • ITTFワールドツアー カタールオープン男子ダブルス(森薗政崇) 優勝
  • 第23回アジア選手権 男子団体 3位
  • 世界選手権デュッセルドルフ大会 男子ダブルス(森薗政崇) 準優勝
  • ユニバーシアード男子シングルス、男子ダブルス(森薗政崇) 優勝、団体 準優勝
  • ITTFワールドツアー グランドファイナル男子ダブルス(森薗政崇)優勝
2018年
  • 全日本選手権男子ダブルス(水谷隼優勝
  • ITTFワールドツアー カタールオープン男子ダブルス(水谷隼) 準優勝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 大島 祐哉, Yuya Ooshima エースクルー・エンタテインメント”. エースクルー・エンタテインメント. 2017年4月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e リオ五輪サポート要員から世界卓球ダブルスで銀 大島祐哉、雪辱の東京へ! : スポーツ報知”. スポーツ報知 (2017年9月9日). 2017年9月9日閲覧。
  3. ^ 男子世界ランキング - 卓球ナビ、2019年4月13日閲覧
  4. ^ a b 大島祐哉卓球ナビ
  5. ^ 卓球王国2018年4月号、P78
  6. ^ a b 13歳・張本「木下グループ」と契約 : スポーツ報知”. スポーツ報知 (2017年5月30日). 2017年4月7日閲覧。
  7. ^ 大島祐哉 〈日本〉”. 卓球王国. 2016年12月27日閲覧。
  8. ^ 誰が予想した?吉村の五輪代表。その道のりとは - 卓球王国WEB、2019年4月13日閲覧
  9. ^ リオ五輪の団体補欠で、大島祐哉、平野美宇が承認 - 卓球王国WEB、2019年4月13日閲覧
  10. ^ ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン - 日本卓球協会公式サイト、2019年4月13日閲覧