大島邦秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大島 邦秀(おおしま くにひで、天保14年(1843年3月[1] - 1876年(明治9年)10月24日)は、江戸時代後期(幕末)の佐賀藩士。明治時代前期の官僚、陸軍軍人である。最終階級は陸軍中佐

経歴[編集]

くわしいことは不明だが、熊本県熊本市花岡山官軍墓地にある大島邦秀の墓には、「長崎県士族・肥前国佐賀」とあるので佐賀藩出身と推測できる。

熊本鎮台砲兵営に所属していたが、明治9年(1876年10月24日神風連の乱において、熊本城の大兵営に駆けつけ、防戦したのちに戦死したという。

名に負う剣客であったという大島は、駆けつけた南坂で神風連の古田十郎、青木暦太と対峙し、善戦しているところを太田黒伴雄に胸を刀で貫かれたという。

脚注[編集]

  1. ^ 『百官履歴』下巻(日本史籍協会、1928年)p.54

参考文献[編集]

  • 鈴木 喬/監修『神風連資料館収蔵品図録』(神風連資料館、1987年)