大川端リバーシティ21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大川端リバーシティ21
Sumida river05s3200.jpg
情報
用途 共同住宅、学校、オフィスビルほか
建築主 住宅・都市整備公団、東京都住宅供給公社、東京都住宅局、三井不動産
敷地面積 287,000 m²
状態 完成
着工 1986年
竣工 2010年
所在地 東京都中央区佃一丁目、二丁目、新川二丁目
テンプレートを表示

大川端リバーシティ21(おおかわばたリバーシティにじゅういち)(英名:River City 21)とは、東京都中央区に所在したIHI(石川島播磨重工業)東京工場跡地などに整備された超高層住宅を中心とした住宅地。東京ウォーターフロント開発のさきがけであり、眺望を重視したタワー型高層マンションの原型となった。

隅田川から見上げる大川端リバーシティ21
永代橋より望む大川端リバーシティ21

概要[編集]

開発事業地である佃二丁目地区は、江戸幕府船手頭石川八左衛門重次1626年に居を構えたことから石川島と呼ばれ、南側の佃一丁目地区は、徳川家康が恩顧の大阪「佃村」の漁師にこの干潟百間四方を与え、移住させたことから佃島の名で呼ばれていた[1]。幕末には水戸藩主徳川斉昭によって造船施設も造られ、明治期に官営造船事業は横須賀に移転するが、跡地は平野富二に払い下げられ、1876年10月、東京石川島平野造船所が操業を開始。1892年には南側の月島地区の第1期埋立が完成する[2][3]。東京石川島平野造船所は石川島播磨重工業に発展していく。

1979年秋、石川島播磨重工業東京工場跡地9万2000㎡を三井不動産日本住宅公団(現:都市再生機構)が買収したことを機に、東京都において、佃および新川地区とその周辺約330万㎡を対象とする大規模な再開発の検討が始められる[4]。この年には、「都財政の再建」と「マイタウン構想」を掲げた鈴木俊一が東京都知事に当選。大川端は鈴木が掲げた「マイタウン東京の実現」モデルプロジェクトとなり、1982年中曽根康弘政権が発足すると、「民活」を掲げた国有地の払い下げや都市再開発促進の規制緩和も追い風となった[5]

特定住宅市街地総合整備促進事業整備計画である「大川端リバーシティ21開発事業」は[1]水辺を活かした活力ある良好な生活環境を取り戻し、都心の人口回復を図るという目標のもと、同時期に開発が進んでいたニューヨークバッテリー・パーク・シティロンドンドックランズなども参考とし[6]住宅・都市整備公団(現:都市再生機構)、東京都住宅局(現:東京都都市整備局)、東京都住宅供給公社三井不動産の官公民共同開発の方式で1986年に着工、2010年に最後に残ったオフィスビルが竣工して約20年かけてすべてが完成している[5]

街区は東・西・北の3ブロックおよび教育施設用地からなり、超高層棟7棟、高層棟5棟の住棟のほか、緩傾斜型堤防(スーパー堤防)によって親水性の高い空間が作り出され[7]隅田川テラスの一部を成す石川島公園のほか、佃公園が整備された[8]。また伊東豊雄によるパンチングメタルのオブジェ「風の卵」をはじめ、オープンスペースにはほかにも様々なオブジェが配置された[6]。住棟は個々の高さやデザインを少しずつ変えながらも全体として統一された外観は評価が高く、隅田川と調和した景観としてよく取り上げられた。特に永代橋からの眺めは有名である。下町の町並みともしばしば対照される。

このほか、対岸の新川地区にはリバーシティ21新川が立地する。

なお、リバーシティ21イーストタワーズ、リバーシティ21新川、リバーシティ21イーストタワーズIIの高額賃貸住宅は、2016年2月に都市再生機構が運営事業者の募集を行い、競争入札の結果、アール・エー・アセット・マネジメントの事業共同体が落札者に決定した。これに伴い、10月からは同共同体が3つの高層住宅の運営管理を行っている[9][10]

街区の概要[編集]

東ブロック[編集]

リバーシティ21イーストタワーズ10号棟
施設情報
所在地 東京都中央区佃2丁目2-10
状態 完成
着工 1988年3月
竣工 1991年3月
用途 賃貸住宅
地上高
高さ 128m
各種諸元
階数 地上37階、地下2階
建築面積 1,409
延床面積 47,084
構造形式 RC造
戸数 461戸
関連企業
デベロッパー 住宅・都市整備公団
テンプレートを表示
コーシャタワー佃
施設情報
所在地 東京都中央区佃1丁目2-11
状態 完成
竣工 1991年3月
用途 賃貸住宅
地上高
高さ 118.8m
各種諸元
階数 地上37階、地下2階
延床面積 38,097
構造形式 SRC造、一部RC造
戸数 425戸
関連企業
デベロッパー 東京都住宅供給公社
テンプレートを表示

32,600㎡の敷地に都、都住宅供給公社、住都公団が住宅総戸数1326戸の賃貸住宅の供給に取り組み[11]、イーストタワーズ(6 - 9号棟)、37階建のリバーシティ21イーストタワーズ10号棟、同じく37階建のコーシャタワー佃のほか、都営住宅が所在する。

コーシャタワー佃は、都住宅供給公社における初の超高層賃貸住宅として建てられた[12]

西ブロック[編集]

パークサイドウイングス
施設情報
所在地 東京都中央区佃1丁目11-3
状態 完成
着工 1986年12月[13]
竣工 1988年6月[13]
用途 賃貸住宅[13]
地上高
高さ 45m[13]
各種諸元
階数 地上14階、地下2階[13]
建築面積 1,494.79 [13]
延床面積 15,755.85 [13]
構造形式 SRC造[13]
戸数 154戸(うち公募122戸)[13]
関連企業
設計 鴻池組藤木工務店[13]
デベロッパー 三井不動産
所有者 日本アコモデーションファンド投資法人[14]
管理運営 三井不動産レジデンシャルリース
テンプレートを表示
リバーポイントタワー
施設情報
所在地 東京都中央区佃1丁目11-6
状態 完成
着工 1986年12月[13]
竣工 1989年4月[13]
用途 賃貸住宅[13]
地上高
高さ 132m[13]
各種諸元
階数 地上40階、地下2階[13]
建築面積 1,311.95 [13]
延床面積 42,490.61 [13]
構造形式 SRC造[13]
戸数 390戸(うち公募328戸)[13]
関連企業
設計 三井建設[13]
デベロッパー 三井不動産
所有者 日本アコモデーションファンド投資法人[14]
管理運営 三井不動産レジデンシャルリース
テンプレートを表示
シティフロントタワー
施設情報
所在地 東京都中央区佃1丁目11-9
状態 完成
着工 1989年4月[13]
竣工 1992年2月[13]
用途 分譲住宅[13]
地上高
高さ 118.8m[13]
各種諸元
階数 地上31階、地下2階[13]
建築面積 3,559.18 [13]
延床面積 32,299.53 [13]
構造形式 SRC造、一部RC造[13]
戸数 290戸[13]
関連企業
設計 大林組・三井建設[13]
デベロッパー 三井不動産
テンプレートを表示
スカイライトタワー
施設情報
所在地 東京都中央区佃1丁目11-7
状態 完成
着工 1990年8月[13]
竣工 1993年3月[13]
用途 分譲住宅[13]
地上高
高さ 139m[13]
各種諸元
階数 地上40階、地下3階[13]
建築面積 3,615.21 [13]
延床面積 39,801.41 [13]
構造形式 SRC造[13]
戸数 336戸[13]
関連企業
設計 三井建設[13]
デベロッパー 三井不動産
テンプレートを表示

31,600㎡の開発を受け持った三井不動産はこの地区を「ピアウエスト」と名付け、1986年12月、住宅総戸数1170戸の新しい都市型住宅の建設に着手する[15][11]

西ブロックの住宅はすべて分譲として計画されていたが、1986年、87年には東京圏の地価が23.8%、65.3%と急騰し、住宅価格も急騰した。このため、都知事が三井不動産に西ブロックの住宅について、分譲から賃貸へ変更するよう要請した。すでに14階建「パークサイドウイングス」154戸と40階建「リバーポイントタワー」390戸は着工していたが、分譲から賃貸へのコンセプトの練り直しが行われ、アテンドシステムと名付けられた24時間サービス、また本格的なプールとレストランをもつチャネルマーククラブなど、ホテル型の賃貸住宅管理システムを備え、パークサイドウイングスは1988年6月、リバーポイントタワーは1989年4月に竣工した[16]

1989年4月、31階建の「シティフロントタワー」290戸、1990年8月には40階建の「スカイライトタワー」336戸が着工する。工事が進捗する中で、両タワーは当初計画通りの分譲による供給が認められ、シティフロントタワーは1992年2月に竣工、スカイライトタワーは1993年3月に竣工し、西ブロックは全体竣工した[8]

パークサイドウイングス、リバーポイントタワーの賃貸棟は現在は三井不動産系の日本アコモデーションファンド投資法人が所有し、管理は三井不動産レジデンシャルリースが担っている[14]

北ブロック[編集]

センチュリーパークタワー
Century-Park-Tower-2.jpg
センチュリーパークタワー
施設情報
所在地 東京都中央区佃2丁目1-1
状態 完成
着工 1995年12月[13]
竣工 1999年3月[13]
用途 分譲住宅[13]
地上高
高さ 180m[13]
各種諸元
階数 地上54階、地下3階[13]
敷地面積 9,438.22 [13]
建築面積 2,877.78 [13]
延床面積 118,641.98 [13]
構造形式 SRC造、一部RC造[13]
戸数 756戸[13]
関連企業
設計 日本設計・三井建設[13]
デベロッパー 三井不動産
テンプレートを表示
リバーシティ21イーストタワーズII
施設情報
所在地 東京都中央区佃2丁目1-2
状態 完成
着工 1997年1月
竣工 2000年6月
地上高
高さ 144.87m
各種諸元
階数 地上43階、地下2階
延床面積 64,214
構造形式 RC造
戸数 642戸
関連企業
デベロッパー 都市基盤整備公団
テンプレートを表示

26000㎡からなる北ブロックは商業等施設用地として位置づけられていたが[17]、地価が3年連続して下落、オフィス賃料も下落していた中、1994年6月に中央区から、整備の早期着手と住宅を中心とした開発計画検討の要請が出された。その結果、計画が2棟の住宅等を含む複合計画に変更された。そして、三井不動産が54階建の分譲住宅「センチュリーパークタワー」756戸を建設し、1999年3月に竣工した。センチュリーパークタワーは全体を一つの館と捉え、イングリッシュガーデンなどの共用部が備えられた。竣工当時は埼玉県川口市エルザタワー55に次いで2番目に高い超高層マンションだった。 もう一方のタワーは都市基盤整備公団(現:都市再生機構)が43階建の賃貸住宅「リバーシティ21イーストタワーズII」642戸を建設し、2000年6月に竣工した[13]

教育施設用地[編集]

1988年3月27日に中央区立佃島小学校が新築移転し[16]、4月1日には隣接して中央区立佃中学校も開校した。

新川地区[編集]

リバーシティ21新川
施設情報
所在地 東京都中央区新川2丁目27-4
状態 完成
竣工 1995年3月
用途 賃貸住宅
地上高
高さ 117m
各種諸元
階数 地上35階、地下4階
延床面積 47,282
構造形式 SRC造、一部RC造
戸数 505戸
関連企業
デベロッパー 都市基盤整備公団
テンプレートを表示

リバーシティ21新川は、1993年8月に開通した佃と東京駅をダイレクトにつなぐ隅田川に架かる中央大橋を渡った対岸の新川2丁目に[8]、都市基盤整備公団が建設し1995年3月、竣工した。35階建、総戸数505戸の賃貸住宅。全体が灰色と外観上も佃の建物とは異なる。

沿革[編集]

  • 1979年 - 大川端再開発基本計画調査実施[11]
  • 1982年 - 大川端地区特定住宅市街地総合整備促進事業整備計画建設大臣承認[11]
  • 1984年 - 関連公共施設都市計画決定(街路、河川、用途容積等)[11]
  • 1986年 - 住宅建設着工[11]
  • 1988年 - 住宅第一期入居開始。地下鉄有楽町線月島駅が開設[11]
  • 2000年 - 都営地下鉄大江戸線が開業して月島駅に乗り入れ。
  • 2010年 - 最後に残ったオフィスビルが竣工して全体が完成。

都営バス「リバーシティ21」停留所[編集]

都営バスでは、大川端リバーシティ21の最寄停留所として、東16系統(及び現在は廃止された東12系統・旧東15乙系統と、現在は廃止され休日の復路のみ経由していた銀座01系統「銀ブラバス」)に「リバーシティ21」停留所が八重洲通り沿いに設置されている。

この停留所名の英語表記は、以前は「RIVER CITY 21」で統一されていたが、現在は「Ribā-city-nijūichi」または「River City Nijūichi」と表記される。バス停留所が建て替えられてからしばらくの間は停留所での表示が「Ribā-city-nijūichi」とされていたが、現在は「River-City-Nijuichi」に改められている。バス車内の次停留所表示機がクラリオン製のLED2段タイプのものからレシップ製のLCDに更新されてからは車内での表示が「River-City-Nijuichi」と表記される。過去には、都バス運行サービスのリバーシティ21停留所のページでは「RIBA-SHITEXINIJUUICHI」(ローマ字入力で「りばーしてぃにじゅういち」と入力する際にキーボードから打ち込むキーの並び)と表記されていたが、その後「River City Nijūichi」と改められた[18]

中国語表記は「河城21」である。

なお、この停留所名の日本語表記は、バス車内の次停留所表示機がLED2段タイプのものである時は、車内での表示が「リバーシティー21」と、長音符「ー」が「ティ」の後ろについていたが、こちらはLCDに更新された際に「リバーシティ21」と表記されるようになった。

このように、英語表記・日本語表記ともに、停留所名の表記の統一がなされていない。

交通アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『三井不動産七十年史』p.157
  2. ^ 『三井不動産七十年史』p.157 - 158
  3. ^ 『東京都の歴史散歩〈上〉下町』p.144
  4. ^ 『三井不動産七十年史』p.158
  5. ^ a b 『世界一美しい団地図鑑』p.101
  6. ^ a b 『世界一美しい団地図鑑』p.102
  7. ^ 『世界一美しい団地図鑑』p.101 - 102
  8. ^ a b c 『三井不動産七十年史』p.231
  9. ^ “不動産ニュース 東京都中央区の高額賃貸住宅、運営事業者決定/UR都市機構”. 不動産流通研究所. (2016年6月21日). https://www.re-port.net/article/news/0000048061/ 2019年11月5日閲覧。 
  10. ^ “都心高額賃貸住宅(リバーシティ21イーストタワーズ・リバーシティ21新川・リバーシティ21イーストタワーズII)運営事業者との運営協定の締結について” (プレスリリース), 独立行政法人都市再生機構, (2016年7月14日), https://www.ur-net.go.jp/east/news/lrmhph000000c4dg-att/ur2016_e0714_rivercity.pdf 2019年11月5日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g 『総合設計制度事例集』p.132
  12. ^ 『東京都住宅供給公社50年史』p.51
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az 『三井不動産七十年史』p.232
  14. ^ a b c 『世界一美しい団地図鑑』p.105
  15. ^ 『三井不動産七十年史』p.229
  16. ^ a b 『三井不動産七十年史』p.230
  17. ^ 『三井不動産七十年史』p.159
  18. ^ Toei Bus Real-Time Information Service(都バス運行サービスのリバーシティ21停留所の英語ページ)の、改称前改称後インターネットアーカイブを比較することにより確認できる。

参考文献[編集]

  • 建設省住宅局市街地建築課監修、日本建築センター情報事業部編『総合設計制度事例集』日本建築センター情報事業部、1996年。ISBN 4889100873
  • 東京都歴史教育研究会編『東京都の歴史散歩〈上〉下町』山川出版社、2005年。ISBN 4634246139
  • 志岐祐一編、内田青蔵著『世界一美しい団地図鑑』エクスナレッジ、2012年。ISBN 4767813956
  • 日本経営史研究所編『三井不動産七十年史』三井不動産、2012年。
  • 東京都住宅供給公社編『東京都住宅供給公社50年史』東京都住宅供給公社、2017年。

関連項目[編集]