大川道通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大川 道通(だいせん どうつう、正応5年(1265年) - 延元4年/暦応2年2月1日1339年3月11日))は、鎌倉時代末から南北朝時代室町時代初期にかけての臨済宗禅僧

生涯[編集]

南宋から渡来した大休正念に師事し、その法をつぐ。寿福寺、ついで円覚寺の住持となった。建長寺住持の招請をうけたが、入山前に没した[1]

脚注[編集]

  1. ^ (「講談社日本人名大辞典」講談社、2001年)ISBN 978-4062108492)