大巻村 (岐阜県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
大巻村
廃止日 1897年4月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 養老郡養老町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
養老郡
総人口 1526
(震災誌[1]、1891)
大巻村役場
所在地 岐阜県養老郡大巻村
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

大巻村(おおまきむら)は、かつて岐阜県養老郡に存在したである。

現在の養老郡養老町南東部(大巻)に該当する。

大巻村が成立した際は多芸郡の村であったが、郡制施行後、養老郡の村となっている。

歴史[編集]

  • 1869年(明治2年) - 大牧村(多芸郡)と大牧新田(多芸郡)が合併し、大牧村(多芸郡)となる。
  • 1875年(明治8年) - 大牧村と、石津郡小坪新田、高柳新田、高柳古新田が合併し、大巻村(多芸郡)となる。
  • 1889年(明治22年)7月1日 - 町村制により、大巻村発足。
  • 1897年(明治30年)4月1日[2] - 郡制に基づき多芸郡の一部と上石津郡が合併し、養老郡となる。養老郡の村となる。
  • 1898年(明治30年)4月1日 - 根古地村根古地新田大場村釜段村駒野新田と合併し、池辺村発足。同日大巻村は廃止。

教育[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 角川日本地名大辞典21岐阜
  2. ^ 揖斐郡志』、揖斐郡教育会、1924年12月、292-295頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]