大平善梧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1949年

大平 善梧(おおひら ぜんご、1905年9月19日 - 1989年3月10日)は、日本国際法学者一橋大学名誉教授キリスト教徒であり青山学院大学学長も務めた[1]。青山学院大学名誉教授。従三位勲二等瑞宝章法学博士福島県会津若松市出身。妻は宮城県会議長・南條秀夫の長女。

民法岩田新門下であったが、中村進午の国際法講座を引き継いだ[2]第二次世界大戦開戦後東亜研究所外務省条約局嘱託として中国租界の国際法上の地位について扱う。戦後は国際政治学をも射程に入れ、日本国際政治学会設立にも参画。のちに同学会名誉理事に推挙された。安保闘争では、安保法案推進の立場から論を展開し注目を集める。一橋定年後は青山学院大学学長として、機動隊を投入し大学闘争を鎮圧した。1989年死去。青山学院大学礼拝堂で葬儀が執り行われ、細谷千博が葬儀委員長を務めた[1][3]

指導学生に佐藤和男青山学院大学名誉教授[4]皆川洸元一橋大教授、桑原輝路一橋大名誉教授、細谷千博一橋大学名誉教授、秌場準一一橋大名誉教授[2][5]大谷良雄一橋大学名誉教授[6]横川新第12代成城大学学長[7]、田中守男元防衛医科大学校副校長[8]など。

略歴[編集]

  • 1923年(大正12年)3月 会津中学校卒業
  • 1926年(大正15年)3月 小樽高等商業学校卒業。
  • 1929年(昭和4年)3月 東京商科大学卒業。7月 東京商科大学助手。
  • 1930年(昭和5年)11月 高等試験司法科試験合格。
  • 1931年(昭和6年)10月 東京商科大学助手。
  • 1935年(昭和10年)7月 東京商科大学予科教授。
  • 1936年(昭和11年)12月 東京商科大学助教授兼東京商科大学予科教授。
  • 1942年(昭和17年)8月 東京商科大学教授兼東京商科大学予科教授。
  • 1951年(昭和26年)4月 一橋大学法学部教授。
  • 1959年(昭和34年)4月 一橋大学法学部長(1961年(昭和36年)3月まで)。
  • 1960年(昭和35年)3月 「安全保障と国際法」で法学博士(慶應義塾大学)。
  • 1969年(昭和44年)3月 一橋大学定年退官、一橋大学名誉教授。4月 青山学院大学法学部教授。7月 青山学院大学学長(1970年(昭和45年)7月まで)。
  • 1974年(昭和49年)3月 青山学院大学法学部教授退任、4月青山学院大学名誉教授、亜細亜大学法学部教授。
  • 1976年(昭和51年)10月 亜細亜大学大学院法学研究科委員長(1982年(昭和57年)まで)。

学会・社会的活動[編集]

高等試験臨時委員、国際法学会理事、同名誉理事、学術奨励審議会科学研究費等分科審議会委員、国際法協会日本支部理事、アジア政経学会常務理事、同名誉理事、日本国際連合協会理事、日本国際政治学会理事、同名誉理事、日本国際問題研究所常任理事、日本学術会議会員等を歴任。

著書[編集]

  • 『支那の航行権問題』有斐閣 大東亜国際法叢書 1943
  • 『日本の安全保障と国際法』有信堂全書 1959
  • 『集団安全保障と日本外交』一橋書房 1960
  • 『アジア外交と日韓関係』有信堂 文化新書 1965
  • 『会津の葵 歌集』錦光出版 1982

共著編[編集]

  • 『世界貿易憲章の諸問題』共著 東洋経済新報社 東洋経済講座叢書 1948
  • 『最新国際条約集』編 富士出版 1949
  • 『法学の知恵』編 井上書房 世相と法律シリーズ 1961
  • 『現代の国際法』編 有信堂 1972
  • 『現代国際関係論』編 有信堂高文社 1976
  • 『国際関係論』横川新共編著 北樹出版 1978
  • 『国際法講義』皆川洸共編著 北樹出版 1980

記念論文集[編集]

  • 『変容する国際社会の法と政治 大平善梧先生還暦記念論文集』細谷千博, 皆川洸編 有信堂 1971
  • 『寂かなる尾瀬 大平善梧先生喜寿記念』善以会 1982

論文[編集]

参考書[編集]

  • 浅野豊美『帝国日本の植民地法制―法域統合と帝国秩序』(名古屋大学出版会、2008年、ISBN 4-815-80585-7)

脚注[編集]