大庄地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大庄地区
おおしょう
日章旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
自治体 尼崎市
旧自治体 兵庫県武庫郡大庄村
面積
9.112km²
世帯数
27,328世帯
総人口
55,036
住民基本台帳人口、2015年9月30日現在)
人口密度
6,039.95人/km²
隣接地区 中央地区、立花地区、武庫地区、西宮市
尼崎市役所大庄支所
尼崎市役所大庄支所
北緯34度43分23.8秒 東経135度23分23.8秒 / 北緯34.723278度 東経135.389944度 / 34.723278; 135.389944座標: 北緯34度43分23.8秒 東経135度23分23.8秒 / 北緯34.723278度 東経135.389944度 / 34.723278; 135.389944
所在地 〒660-0077
兵庫県尼崎市大庄西町三丁目17-11
リンク 大庄支所公式ページ
大庄地区の位置(兵庫県内)
大庄地区
大庄地区
テンプレートを表示

大庄地区(おおしょう ちく)は、兵庫県尼崎市の西南部、旧武庫郡大庄村に属する地区の名称である。西立花町、武庫川町、道意町、崇徳院、蓬川町、浜田町、大庄北、大島、大庄中通、大庄西町、稲葉元町、稲葉荘、中浜町、元浜町などが含まれる。

概要[編集]

江戸時代には尼崎藩領に含まれ、今北、西大島、東大島、浜田、東新田、西新田、道意新田、中浜新田、又兵衛新田の9村に分かれていた。明治に入ると、9村は西新田組戸長役場の管轄地域とされ、1889年町村制成立とともに「大庄村」となった。1942年に大庄村は尼崎市と合併した[1]

地理[編集]

武庫川 旧国道より阪神本線を望む。
臨海部 上に阪神高速湾岸線、右手に尼崎の森中央緑地

前述の通り市内の西南部に位置し、内陸部は西側が武庫川、東側は蓬川に挟まれ、南側は大阪湾に面した埋立地となっている。

全域がほぼ平地となっているが、臨海部においては工場の地下水汲み上げによる地盤沈下が原因で、海面よりも低いゼロメートル地帯となったため、防潮堤閘門尼崎閘門)による浸水対策が取られている。また防潮堤建設以降に埋め立てられた地域では、地盤が他より高くなっている場所もある。

河川[編集]

町名[編集]

  • 稲葉荘
  • 稲葉元町
  • 扇町
  • 大島
  • 大庄川田町
  • 大庄北
  • 大庄中通
  • 大庄西町
  • 大高洲町
  • 大浜町
  • 琴浦町
  • 水明町
  • 末広町
  • 崇徳院
  • 鶴町
  • 道意町
  • 中浜町
  • 菜切山町
  • 西立花町[注 1]
  • 浜田町
  • 平左衛門町[注 2]
  • 丸島町
  • 武庫川町
  • 元浜町
  • 蓬川町

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

  • 阪神バス(阪神線)[注 3]
    • 尼崎芦屋線、野田甲子園線、杭瀬宝塚・尼崎宝塚線、甲子園宝塚線の尼崎浜田車庫〜武庫大橋および労災病院前の各停留所。主に杭瀬阪神尼崎から国道2号上(西は甲子園西宮芦屋)と西大島から北ヘ分岐し宝塚方面へ向かう尼宝線上を走行。また、阪神出屋敷から尼崎スポーツの森までの路線も大庄地区を走行。なお、阪神バス本社を併設する尼崎営業所(浜田車庫)も当地区内(大庄川田町)にある。
  • 阪神バス(尼崎市内線[注 4]
    • 大庄支所ほか市南西部の各停留所。地区内の該当路線は30番・43番・47番・47-2番・49番・50番・50-2番・60番・80番・85番・90番。立花駅や阪神出屋敷、武庫川(武庫川駅南側)などに発着。

道路[編集]

西大島交差点 国道2号と尼宝線(画像右)が交差する。

公的機関[編集]

尼崎南警察署西分庁舎
  • 尼崎市役所大庄支所 - 大庄西町三丁目17-11
  • 兵庫県尼崎港管理事務所 - 道意町七丁目21
    尼崎21世紀の森尼崎運河再生プロジェクトを推進している。
  • 尼崎南警察署西分庁舎 - 浜田町四丁目45
  • 尼崎市西消防署 - 大庄北三丁目30-20
    • 西消防署大庄出張所 - 元浜町一丁目25-3

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

文化施設・公園等[編集]

大庄地区会館
魚つり公園
南の口公園

文化施設[編集]

  • 大庄地区会館
  • 大庄公民館
    • 大庄南分館
    • 稲葉荘分館
  • 地域総合センター今北(旧今北総合センター)

体育・競技施設[編集]

公園・緑地[編集]

  • 尼崎の森中央緑地 - 尼崎21世紀の森構想の中心拠点となる県立公園。
    尼崎21世紀の森構想は、市内の国道43号以南約1,000haを対象区域として進められている兵庫県の緑化計画。当地区南部が構想地区に属している。
  • 元浜緑地
  • 下稲葉公園
  • 浜田公園
  • 南の口公園 - 市民プール(2007年閉鎖)の建物が残存している[3]
  • 大庄公園
  • 蓬川公園
  • 水明公園
  • 道意公園

史跡・文化財[編集]

素盞嗚神社(大庄西町一丁目41-25)
菜切塚
雉ガ坂伝説地 奥の民家が建ち並ぶ辺りにあったとされる。

神社・仏閣[編集]

建築[編集]

地理・地形等[編集]

  • 菜切塚(菜切山) - 武内宿禰の墳墓と伝承された旨の案内板が建てられている。
  • 雉ガ坂(伝説地)
    安土桃山時代本能寺の変の後、毛利攻め中国攻め)からとって返した羽柴秀吉軍を、明智勢が武庫川河畔の中国街道の渡し場であったこの地で待ち伏せたとされる。秀吉勢がまさに川を渡ろうとしたとき、雉の群れが飛び立ったことで明智勢の待ち伏せが発覚し、秀吉軍は難を逃れることができた、という伝説の地である(史実としては認められていない)[4]
  • 大庄村道路元標 - 大庄小学校の校庭内に石碑が建っている。
  • 武庫川氾濫なごりの小山[要出典]


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 二・三丁目の一部および四・五丁目全域
  2. ^ 1969年に武庫川西岸にあった西昆陽字田近野との交換で西宮市から編入。[2]
  3. ^ 旧・阪神電気鉄道自動車部(阪神電鉄バス)から引き継いだ路線群。後乗り・前降り・運賃後払い。
  4. ^ 旧・尼崎市バスから移譲を受けた路線。前乗り・後降り・運賃先払い。

出典[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]