大庭王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大庭王(おおにわおう/おおばおう、生年不詳 - 弘仁9年9月26日818年10月29日))は、奈良時代から平安時代初期にかけての皇族官位従四位上刑部卿

経歴[編集]

桓武朝延暦6年(787年)三世王の蔭位により無位から従五位下に直叙される。その後しばらく散位であったが、延暦8年(789年皇太后高野新笠の、延暦9年(790年)には皇后藤原乙牟漏崩御に伴って、それぞれ山作司を務めている。

延暦10年(791年侍従に任ぜられると、少なくとも嵯峨朝初頭までこれを務める傍ら、左大舎人頭中務大輔内匠頭などを兼ね、延暦23年(804年)までに従四位下に至る。

平城朝での活動記録は残っていないが、嵯峨朝に入ると弘仁元年(810年)9月の薬子の変後に再び大舎人頭を兼帯し、11月には従四位上に昇叙されている。弘仁3年(812年刑部卿に任ぜられた。

弘仁9年(818年)9月26日卒去。最終官位は刑部卿従四位上。

官歴[編集]

六国史』による。

系譜[編集]

系譜は明らかでないが、娘が左大臣藤原冬嗣の室となっている。

参考文献[編集]