大徳寺 (川口市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大徳寺だいとくじ
Daitoku-ji (Kawaguchi).JPG
所在地 埼玉県川口市道合1221
山号 安養山
院号 無量寿院無量壽院
宗旨 新義真言宗
宗派 真言宗豊山派
本尊 無量寿如来
創建年 (伝)647年(大化3年)
開基 (伝)山背大兄王の一族
正式名 安養山無量寿院大徳寺
(安養山無量壽院大德寺)
別称 道合大師、道合大師大徳寺
札所等 足立百不動 26番札所
文化財
法人番号 2030005012275
テンプレートを表示

大徳寺(だいとくじ)は、埼玉県川口市道合[1]にある真言宗豊山派寺院である。山号は安養山、院号は無量寿院(むりょうじゅいん)。 江戸時代は関東三大師のうちの道合大師大徳寺として、聖天信仰でにぎわった。 僧侶の、井川仁水は俳優の、井川等視である。

歴史[編集]

寺伝によれば、647年大化3年)、山背大兄王の一族により建立され、その後、弘法大師の来寺により、密教道場となるという。

江戸時代初期、徳川家康がたびたび鷹狩りに来寺、数日間滞在し、扁額を賜る。

江戸時代は、足利市鶏足寺末として、栄えた。

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

  • 家康富士見の岩
  • 川口市立グリーンセンター
  • 川口市のパワースポットして、メディアで紹介される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 足立郡北足立郡)道合村(安行領道合村・浦和領道合村)、神根村道合