大念処経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大念処経[1](だいねんじょきょう、: Mahāsatipaṭṭhāna-sutta, マハーサティパッターナ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵長部の第22経。

なお、中部の第10経にも『念処経』(: Satipaṭṭhāna-sutta, サティパッターナ・スッタ)という似た名の経典がある。

類似の伝統漢訳経典としては、『中阿含経』(大正蔵26)の第98経「念処経」等がある。

経名の通り、四念処をはじめとする瞑想(正念)実践についての内容が詳述されている。

構成[編集]

登場人物[編集]

場面設定[編集]

釈迦がクル国のカンマーサダンマに滞在していた際、比丘たちに、涅槃に至る唯一(一乗)の道として、四念処五蓋五蘊六処七覚支四諦三苦八苦八正道などを説いた。

比丘たちは歓喜して信受した。

内容[編集]

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・長部経典2』(第7巻) 大蔵出版
  • 『パーリ仏典 長部(ディーガニカーヤ)大篇II』 片山一良訳 大蔵出版
    • 『パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ―『大念処経』を読む』 片山一良 大法輪閣 2012年
  • 『原始仏典 長部経典2』 中村元監修 春秋社

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『南伝大蔵経』、『原始仏典』中村、『パーリ仏典』片山

関連項目[編集]