大成建設爆破事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大成建設爆破事件(たいせいけんせつばくはじけん)とは、1974年12月10日東京都中央区[1]で発生した、東アジア反日武装戦線「大地の牙」グループによる爆弾テロ事件。連続企業爆破事件の一つである。

標的の来歴[編集]

標的となった大成建設は、かつての大倉財閥系の企業である。大倉財閥は軍需関係で成長したことから「死の商人」の異名をとっている。東アジア反日武装戦線は、「大成建設が1922年信濃川水力発電所朝鮮人労働者を大量に虐殺した」「大成建設は日本帝国主義侵略の尖兵」とし、テロの標的とした。

事件の概要[編集]

東アジア反日武装戦線「大地の牙」グループは、当初はホテルオークラの敷地内にある大倉集古館を爆破する予定であったが、大成建設本社に変更した。

1974年12月10日午前11時、大成建設本社ビルの1階駐車場が爆破された。この爆発により、警視庁築地警察署署員や大成建設社員の9人が負傷した。歳末特別警戒実施中に起きた爆弾テロであり、警察は大きな衝撃を受けた。

脚注[編集]

  1. ^ 当時の大成建設本社は中央区にあった。

参考文献[編集]

  • 松下竜一『狼煙を見よ 東アジア反日武装戦線“狼”部隊
読売新聞社・戦後ニッポンを読む、1997年) ISBN 4-643-97116-9
河出書房新社・松下竜一その仕事22、2000年) ISBN 4-309-62072-8

関連項目[編集]