大成駅 (埼玉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
大成駅
おおなり
Ōnari
種鶏場前 (0.9km)
(0.4km) 工場前
所在地 埼玉県大宮市大宮
(現・さいたま市大宮区桜木町四丁目)
所属事業者 西武鉄道
所属路線 大宮線
キロ程 12.1km(川越久保町駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1906年明治39年)4月16日
廃止年月日 1941年昭和16年)2月25日
備考 大宮方に貨物側線・ホームあり
テンプレートを表示

大成駅(おおなりえき)は、埼玉県さいたま市大宮区桜木町四丁目(当時は大宮市大宮)にあった川越電気鉄道(その後西武鉄道大宮線)の電停

概要[編集]

種鶏場前電停から道なりに走り、現在の「所沢新道」バス停附近より南に入った場所、国道17号桜木町交差点の西側に存在した。現在の地名表示では桜木町4丁目となり、駅名の由来である大成町からはわずかに離れていた。

交差点を越えた向こう側には、線路の南側に張り出す形で貨物側線と貨物ホームが設けられていた。南側の池を一部埋め立て、築堤と木製ホームを築いて1917年大正6年)に設けられたもので、後年提出された旧西武鉄道の線路平面図にも記載されている。またこの頃、同時に附近の線路の付け替えが行われている。

なお同じ「大成」を名乗った駅として、現在「鉄道博物館(大成)駅」に改称した埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)の「大成駅」があるが、こちらは本駅より直線距離で1.5キロ北の大成町三丁目に位置し、歴史的・地理的に全くの別駅である。

歴史[編集]

  • 1906年(明治39年)4月16日 - 開業。
  • 1917年(大正6年)2月3日 - 大宮方に貨物側線と貨物ホーム設置。この頃に周辺の線路が付け替えられる。
  • 1927年(昭和2年)8月28日 - 車庫火災により運休、翌月3日まで不通となる。
  • 1940年(昭和15年)12月20日 - 路線休止により休止。
  • 1941年(昭和16年)2月25日 - 休止のまま廃駅。

隣の駅[編集]

西武鉄道
大宮線
種鶏場前駅 - 大成駅 - 工場前駅

廃線後の状況[編集]

電停直前まで旧国道の広い道が続くが、「所沢新道」バス停附近から南にそれ、細い道となって廃線跡が出現する。ただし電停や貨物側線自体の痕跡は存在しない。

電停から先、交差点を過ぎた先で廃線跡は一旦途切れるが、桜木保育園の北東附近から大宮DOMショッピングセンターへ向けて再度出現する。

参考文献[編集]

  • 大宮市史編さん委員会編『大宮市史 第3巻下 近世地誌編』(大宮市刊、1973年)
  • 建設省編『埼玉県・西武鉄道』(建設省公文書)
  • 鉄道省編『西武鉄道(元川越電気、武蔵水電)』(鉄道省文書)
  • 鉄道省編『西武鉄道(元武蔵鉄道)2』(鉄道省文書)
  • 鉄道省編『西武鉄道別全』(鉄道省文書)
  • 鉄道省編『西武鉄道3』(鉄道省文書)
  • 鉄道省編『西武鉄道』(鉄道省文書)
  • 埼玉県編『大正6年 土木部 監督工事・特許事業・雑款』(埼玉県行政文書)

関連項目[編集]