大手町野村ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大手町野村ビル
Walking from Chiyoda to Akihabara August 2014 01.JPG
大手町野村ビル
情報
旧名称 東京生命大手町野村ビル
用途 事務所、店舗
設計者 大成建設一級建築士事務所[1]
施工 大成建設、清水建設、野村建設工業、白石建設、長谷工コーポレーションJV[1]
建築主 東京生命保険、大和銀行[1]
構造形式 地下:SRC造
地上:鉄骨造一部SRC造[1]
敷地面積 4,422.87 m²
建築面積 2,545.18 m² (建蔽率58%)
延床面積 59,929.86 m² (容積率1355%)
階数 地上27階、地下5階、塔屋1階[1]
高さ 138m(最高部)
着工 1991年7月(1期工事)
1994年11月(2期工事)[1]
竣工 1994年2月(1期工事)
1997年1月(2期工事)[1]
所在地 100-0005
東京都千代田区大手町二丁目1番1号
座標 北緯35度41分6.9秒
東経139度45分58.4秒
テンプレートを表示

大手町野村ビル(おおてまちのむらビル)は、東京都千代田区大手町の一角にある超高層ビル

概要[編集]

前身は佐藤功一が設計を手かげ、1932年に竣工した7階建ての日清生命保険の本社屋「日清生命館」であり、建物は印象的な時計塔とともに人々に長く親しまれた[1]。日清生命は野村財閥傘下の東京生命保険が吸収したため、日清生命館は1941年に野村合名の所有となり、名称も丸ノ内野村ビルディングと改められた。

戦後の財閥解体の折には、野村銀行の後身である大和銀行が承継。建物は長らく同行東京営業部・東京本部として使われた。バブル期1990年前後に、大和銀行と東京生命保険の共同出資により超高層ビルへの建て替え計画が浮上。丸の内野村ビルと東京大和ビルの跡地に、1994年2月、27階建て超高層ビル「東京生命大手町野村ビル」が竣工。次いで、1997年1月、北側に全面ガラスで覆われた玄関ホールとなるアトリウムのほか、アトリウムの前面に川上喜三郎の作品などがある公開空地の整備が完了している[2]

ビルは地下1階で地下鉄に直結している他、屋上には緊急発着用のヘリポートを設置。加えて地域冷暖房設備も有している[1]。なお、当ビルの開発には野村不動産が関与していないものの、野村證券野村ホールディングスが大手町本社の一部として入居している。

設計にあたって、発注者の大和銀行と東京生命から外観の一部を保存できないかと強い要望が示され、また東京都からも旧建物外観の重要な部分(時計塔や尖塔列柱)の外郭を保存したいとの要請があった[1]。これを受け、設計を担った大成建設は、全銀協および東京銀行協会本部が入居する東京銀行協会ビルディング(1993年竣工。2016年解体)と同様に、低層部に旧建物のファサードをはめ込んで意匠を継承する手法を採り、時計台も日清生命館とほぼ同じ位置に設置した[注 1]

名称変更[編集]

2000年に共同保有者の東京生命が有価証券含み損の処理原資に充てるため、新橋の本社ビル(現:内幸町平和ビル)と当ビルを売却したため[3]、当ビルの名称は「大手町野村ビル」に改められた[注 2]

2003年には大和銀行があさひ銀行と合併してりそな銀行が発足。旧大和銀東京営業部はりそな銀東京営業部と衣替えした。りそなショック後に同営業部は、りそな・マルハビルに位置した大手町営業部に移転集約となった。これによって、りそな銀の大口融資先で、同行OBが経営にかかわる不動産会社が所有していた当ビルの区分所有権は、2004年三井不動産が出資する特別目的会社に売却されている[4]

テナント[編集]

高層部の25階から27階にはフィットネスクラブが入居し[1]、26階にはプールが設置されている。フィットネスクラブは当初、東京生命のグループ会社による運営だったが、同生命の不採算事業からの撤退を受け、コナミスポーツ&ライフが買収した。これによって、フィットネスクラブはコナミスポーツのフラッグシップ店舗「グランサイズ コナミスポーツクラブ大手町」となった。

りそな銀行東京営業部撤退後の空きフロアには、2004年にパソナが本社機能を移転。加えて、2005年には地下2階の金庫室を改装して、ソニーキヤノンなど約30社が出資して発足した転職支援会社の「関東雇用創出機構」とパソナの運営による地下農場「アーバン・ファーム」が開設された。アーバン・ファームでは就農研修等を行い、生産した野菜などをビル内の食堂に供給していた[5]2009年末に、パソナは呉服橋の旧大和証券グループ本社ビル(現:パソナグループ本部ビル)へ転出。またアーバンファームも2017年5月で事業を終了した。

大手町1丁目の自社ビルを2003年に売却し、その後も賃借で入居を続けていた三井生命保険[6]、2009年に当ビルの56.9%にあたる区分所有権信託受益権を取得[7]、翌年1月に本社を当ビルへ移転した。なお、三井生命は本社管理部門を2013年11月、江東区青海ダイバーシティ東京オフィスタワーに集約した。これに伴い、当ビルには営業部門のみが残置した[8]

地下テナント部には喫茶店のプロント、セブンイレブン、大手町野村ビルデンタルクリニックが入る。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この様態は後の三菱UFJ信託銀行本店ビルディング(2003年)や丸の内パークビルディング(2009年)といった三菱地所による丸の内界隈の再開発オフィスビルにおいても見受けられる。
  2. ^ 翌年3月、同生命は自主再建を断念。経営破綻。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『Re : Building maintenance & management』1998年9月号
  2. ^ 「オフィス街にオアシス 東京 大手町の公開空地完成へ」『日経産業新聞』1997年1月13日
  3. ^ 「東京生命 本社売却へ 経営健全化比率600%目標」『日本経済新聞』2000年11月25日
  4. ^ 「一等地ビルなど19物件を売却へ りそな側 三井不動産へ」『朝日新聞』2004年1月17日
  5. ^ 「銀行金庫跡に野菜畑 大手町・元りそな地下2階」『朝日新聞』2005年1月9日
  6. ^ 「情報フラッシュ 三井生命が本社を移転」『朝日新聞』2009年9月1日
  7. ^ 大手町野村ビルの5割超を取得して本社を移転、三井生命保険(日経不動産マーケット情報 2009年9月15日)
  8. ^ “本社組織移転のお知らせ” (プレスリリース), 三井生命保険, (2013年4月30日), https://www.mitsui-seimei.co.jp/corporate/news/pdf/20130430_2.pdf 2019年1月12日閲覧。 

関連項目[編集]