大手町 (大分市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
日本 > 大分県 > 大分市 > 大手町 (大分市)
大分県庁

大手町(おおてまち)は、大分県大分市の地名。現行行政地名は大手町一丁目から大手町三丁目。郵便番号は870-0022。

地理[編集]

大手町は大分市中心部に位置し、大分県庁などの公共機関が多く立地している大分県の行政の中心地である。 北を国道197号(昭和通り)、南を国道10号、西を大手通り(遊歩公園)に囲まれた地区で、北で荷揚町及び、東で長浜町、南で金池町及び顕徳町、西で府内町に接する。町域内は、南から北に1-3丁目に分かれる。

歴史[編集]

行政地名としては1964年昭和39年)に従前の大字大分の一部(通称で稲荷町東・胡町・万屋町・米屋町・後小路・古川町・江戸町・外堀・南新地・長池町・北町・御屋敷・荷揚町の一部・城崎町の一部)から成立。

地名の由来[編集]

大手町という地名は、この地区が府内城の大手門前に位置することにちなむものである。

施設[編集]

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典 44 大分県』角川書店、1980年1月