大日本倉庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大日本倉庫株式会社
DAINIPPON LOGISTICS CORPORATION
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
581-0085
大阪府八尾市安中町4丁目8番18号
設立 1935年(昭和10年)7月
業種 倉庫・運輸関連業
法人番号 7122001019166
事業内容 倉庫業、陸運業、不動産、その他
代表者 代表取締役社長 髙井 榮彌
資本金 3,200万円
関係する人物 髙井栄三(創業者)
外部リンク https://passio.co.jp/dlc/
テンプレートを表示

大日本倉庫株式会社(だいにっぽんそうこ 英文表記:Dainippon Logistics Co, Ltd.)は、大阪府八尾市に本社を置く倉庫業陸運業を行う企業である。

概要[編集]

大日本倉庫の前進は、江戸時代中期、河内木綿を取り扱う問屋として髙井徳平が創設する。その後、綿種油の製油業も開設し、中河内を中心に事業を展開する。昭和のはじめ頃、現本社・八尾営業所の土地を取得する際、当初は製油工場の建設を予定していたが、旧国鉄線路沿いという輸送に適した土地であったため、当時の大日本帝国海軍の意向もあり倉庫として開設した経緯がある。はじめは八尾倉庫として開設したが、その後大日本帝国海軍の軍事物資拠点となり、社名も大日本倉庫へと改名した。

事業所[編集]

  • 本社・八尾営業所(農林水産省指定倉庫) - 大阪府八尾市安中町4丁目8番18号
  • 大阪東営業所(広域物資拠点倉庫) - 大阪府八尾市楠根町4丁目1番4号
八尾営業所
大阪東営業所

営業種目[編集]

  • 普通倉庫業務
  • 倉庫その他、設備の賃貸
  • 倉庫荷役貨物取り扱いに関する業務全般
  • 陸上運送業
  • 土地建物の保有利用および賃貸借
  • スポーツ施設の経営並びにスポーツ用品の販売
  • 飲食店の経営並びに菓子製造販売

沿革[編集]

  • 1935年(昭和10年)-大阪府八尾市に「八尾倉庫株式会社」として設立
  • 1944年(昭和19年)-社名を「大日本倉庫株式会社」に変更
  • 1951年(昭和26年)-大阪市内に大阪営業所と第一倉庫を開設
  • 1952年(昭和27年)-大阪営業所に第二倉庫を増設
  • 1965年(昭和40年)-大阪営業所にF・H倉庫を増設
  • 1968年(昭和43年)-八尾営業所のF倉庫を建替え
  • 1970年(昭和45年)-八尾営業所のD倉庫を建替え
  • 1974年(昭和49年)-百済営業所と倉庫を開設
  • 1980年(昭和55年)-国鉄八尾駅からの鉄道貨物引き込み線[1]が廃止

-大阪営業所の木造2階建て第一倉庫を解体、鉄骨4階建ての倉庫に新設

-同倉庫に3トンエレベーターとコンベアーシステムを導入

  • 1988年(昭和63年)-倉庫の一部を改装し、国鉄八尾駅前に駐輪場を開設

-八尾営業所の木造A倉庫を解体し、鉄骨2階建てを新設

-倉庫業のコンピュータシステム製作・管理のため、株式会社シー・ピー・クラネットを設立(共同出資)

  • 1991年(平成03年)-八尾営業所の木造平屋倉庫4棟を解体、鉄骨2階建てを新設
  • 2008年(平成20年)-百済営業所を八尾営業所に統合
  • 2012年(平成24年)-大阪営業所を移転、大阪東営業所として開設[2]
  • 2014年(平成26年)-国土交通省より, 大阪東営業所が広域物資拠点施設に認定
凡例

関連事業[編集]

  • トータルフィットネス パシオスポーツクラブ
  • ミスタードーナツ(FC加盟)
  • 株式会社シー・ピー・クラネット

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ やお文化協会『河内どんこう 82』八尾文化協会、2007年6月。
  2. ^ 浸水被害想定エリアから内陸部への倉庫移転