大日本古記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大日本古記録』(だいにほんこきろく、だいにっぽんこきろく)は、1952年から現在まで東京大学史料編纂所で刊行が続けられている日本史史料集。2008年時点で既刊は121冊。

概要[編集]

東京大学史料編纂所が『大日本史料』『大日本古文書』と同じく編纂し刊行している史料集で、1952年から刊行され始めた。刊行目的は、各時代の貴重な「古記録」(主に日記類)を日本史研究に提供すること。校訂を行い解題も付けられている。正式な読み方は「だいにっぽんこきろく」。

底本は原本を利用する。無い場合は写本を用いるが、異本があればそのなかで最良のものを判断して底本としている。

また、部類記・紙背文書具注暦も収める。字体に関しても古体・異体・略体の原本を残すよう努め、解読不明な字はそのまま残している。

内容[編集]

収録された史料は次の通り。