大日本明治製糖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
大日本明治製糖株式会社
Dai-Nippon Meiji Sugar Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
100-0011
東京都千代田区内幸町2丁目1番1号
設立 1984年(創業1895年
業種 食料品
法人番号 1010001049134 ウィキデータを編集
事業内容 砂糖・調味料・穀物類の製造加工販売
代表者 代表取締役 佐藤裕
資本金 20億円
売上高 338億7600万円(2020年03月31日時点)[1]
営業利益 28億5800万円(2020年03月31日時点)[1]
経常利益 29億2700万円(2020年03月31日時点)[1]
純利益 20億8000万円(2020年03月31日時点)[1]
純資産 245億9300万円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 287億7300万円(2020年03月31日時点)[1]
主要株主 三菱商事 100%
外部リンク www.dmsugar.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

大日本明治製糖株式会社(だいにっぽんめいじせいとう)は、大日本製糖株式会社明治製糖株式会社が合併して発足した日本の製糖会社。

ばら印」のブランドで家庭用・業務用の砂糖調味料等を製造販売する。製糖業界大手の1社である。

概要[編集]

1996年(平成8年)、経営再建を進めるためともに新旧分離によって三菱商事系列の新会社となっていた大日本製糖株式会社明治製糖株式会社がの2社が合併して発足した。

砂糖の製造は、精糖各社と共同・合弁の新東日本製糖関門製糖関西製糖に委託している[2]

「アンデスのスーパー穀物『キヌア』」を取り扱う。調味料は酵母エキス系調味料の「コクベース」、乳酵母エキスの「ラクトベース」を販売している。

沿革[編集]

旧大日本製糖[編集]

  • 1890年(明治23年) 鈴木藤三郎が鈴木製糖所を設立。
  • 1895年(明治28年)12月 鈴木製糖所を前身として東京都小名木川畔の東京府南葛飾郡砂村(現:東京都江東区北砂)に、日本初の近代的製糖事業を行う日本精製糖株式会社を設立。
  • 1896年(明治29年) 渋沢栄一日本精糖を設立し、取締役に就任[3]
  • 1900年(明治33年) 玉置半右衛門を中心とした八丈島からの開拓団が沖縄県大東諸島に入植。玉置商会が設立され、粗糖生産活動を開始。大東諸島の自治を行う“植民地会社”的な存在となった。後に東洋製糖株式会社に改名。
  • 1906年(明治39年)11月14日、日本精糖は資本金を1200万円に増資、商号を大日本製糖に改称。日本精製糖が渋沢栄一が取締役を務める大阪の日本精糖を合併[要出典]
  • 1906年(明治39年)12月 台湾での製糖業に進出。
  • 1907年(明治40年)日本国初の角砂糖の製造発売を開始。
  • 1909年(明治42年)政界工作が発覚し疑獄事件が発生(日糖事件)。相談役であった渋沢栄一が実業家藤山雷太に社長就任を依頼し事態を収拾した。
  • 1927年(昭和2年) 東洋製糖株式会社を合併。大東諸島の“植民地経営”も引き継ぐ。
  • 1943年(昭和18年) 11月 日糖興業株式会社に名称変更。
  • 1945年(昭和20年) 8月 第二次世界大戦の終結に伴い、沖縄を含む在外資産の全てを没収される。
  • 1946年(昭和21年) 大東諸島でもアメリカ軍政開始。 大日本製糖による“植民地支配”終結。
  • 1950年(昭和25年) 4月 新たな大日本製糖を発足。
  • 1956年(昭和31年) 10月 ポリエチレン袋入り砂糖を発売。
  • 1957年(昭和32年) 7月 社長藤山愛一郎岸信介内閣の外務大臣となったため辞任し、藤山勝彦が社長に就任。
  • 1971年(昭和46年) 1月 三菱商事、明治製糖と3社共同で東日本製糖株式会社(現:新東日本製糖)を設立。砂糖製造を委託。
  • 1972年(昭和47年) 調味料を開発し「コクベース」として発売開始。
  • 1982年(昭和57年) 7月 三菱商事と共同で西日本製糖株式会社(現:関門製糖)を設立。砂糖製造を委託。
  • 1984年(昭和59年) 3月 大日本製糖、明治製糖の2社が累積赤字解消のために同じ名称の新会社に営業譲渡[注釈 1]。三菱商事100%出資となる。

旧明治製糖[編集]

明治製糖株式会社本社旧庁舍(台南市麻豆区総爺)
  • 1906年(明治39年)12月 日本国籍4番目の精製糖会社として、相馬半治渋沢栄一、小川䤡吉の共同出資で台湾・塩水港庁蔴荳支庁(現:台南市麻豆区)総爺に明治製糖株式会社が設立された。
  • 1909年(明治42年)6月1日 - 明治製糖株式会社番子田線(後の隆田線、現廃止)番仔田~蕭壠間開業。
  • 1912年(明治45年)1月 横浜精糖株式会社と合併し川崎工場を継承。
  • 1916年(大正5年)2月 製菓部門として、大正製菓(後の明治製菓)を設立。
  • 1917年(大正6年)12月 房総煉乳株式会社に資本参加(乳業分野の事業は、のちに明治乳業となる)。
  • 1923年(大正12年) 日本甜菜製糖(初代)を吸収合併(後に子会社の北海道製糖が、(2代目)日本甜菜製糖に変更し復活[注釈 2]
  • 1945年(昭和20年) 8月 第二次世界大戦の終結に伴い、在外資産の全てを没収される。
  • 1950年(昭和25年) 8月 明治製糖の後身として明糖株式会社を設立。
  • 1952年(昭和27年) 5月 明糖が明治製糖株式会社に名称変更。
  • 1971年(昭和46年) 1月 大日本製糖三菱商事の3社共同で東日本製糖株式会社(現:新東日本製糖)を設立。砂糖製造を委託。
  • 1981年(昭和56年) 2月 千葉工場の操業を開始(現在まで続く大日本明治製糖唯一の工場)。
  • 1983年(昭和58年) 2月 大日本製糖と三菱商事が設立した西日本製糖株式会社に出資。
  • 1984年(昭和59年) 3月 累積赤字解消のために大日本製糖に営業譲渡[注釈 3]。三菱商事100%出資子会社となる。

合併・創立後[編集]

三井製糖との経営統合[編集]

  • 2020年3月25日 - 当社、三井製糖株式会社日本甜菜製糖株式会社の3社は、持株会社方式を採用した三井製糖との経営統合、並びに経営統合後の持株会社と日本甜菜製糖との資本業務提携に関し協議を開始した[6]
    • 経営統合の方法として
      1. 三井製糖を完全親会社、当社を完全子会社とする株式交換を実施。
      2. 1と同時に三井製糖は、会社分割により同社のグループ経営管理事業等を除く事業を、事業継承会社に承継させ持株会社体制に移行。持株会社は、三井製糖の現在の証券コード(2109)で上場継続予定。
    • 資本業務提携の形態
      • 経営統合後の持株会社は、日本甜菜製糖の総議決権の約10%に相当する株式を、日本甜菜製糖は同等価値の持株会社の株式を取得する予定。
  • 2020年10月15日 - 当社及び三井製糖株式会社は、経営統合に関する最終契約を締結。よって、2021年4月を予定に持株会社体制へ移行することが決定された。しかし、日本甜菜製糖株式会社との資本業務提携に関しては協議中である[7][8][9]
    • 経営統合の概要
      1. 三井製糖を完全親会社、当社を完全子会社とする株式交換を実施し、当社は三井製糖の完全子会社となる。
      2. 1の効力発生を条件に、当社の完全親会社となる三井製糖は、三井製糖吸収分割準備株式会社[注釈 4]との間で吸収分割を行い、三井製糖のグループ経営管理事業を除く一切の事業に関する権利義務等を分割準備会社に承継させ、持株会社体制へ移行。
      3. 1及び2の効力発生を条件に、三井製糖はDM三井製糖ホールディングス株式会社、分割準備会社は(新)三井製糖株式会社へ、それぞれ商号変更予定。
      4. また、持株会社は、現在の三井製糖の証券コード(2109)で上場を継続する予定。
    • 主要株主の異動
      • 上記経営統合に際し、当社の現親会社である三菱商事株式会社は、経営統合後の持株会社の約20%に相当する株式を取得し、三菱商事の持分法適用関連会社とする予定。

関連会社[編集]

旧・明治製糖グループ[編集]

旧・明治製糖から派生した会社。かつては明治製糖を含めた全社が、かつての明治製菓のロゴを使用していた。

  • 明治ホールディングス
    • 明治製菓Meiji Seika ファルマ
    • 明治乳業株式会社明治
      両社は、旧明治製糖から分離した企業同士であり、同根(同門)企業として協力関係を保ちつつ、一方で資本関係はない独立企業として運営されてきたが、2009年4月に純粋持株会社明治ホールディングス」を設立して経営統合した。2011年4月に事業再編を行い、明治製菓は医薬品事業を主力とするMeiji Seika ファルマ株式会社に、明治乳業は明治製菓の食品事業等を統合して「製菓・乳業」の文字を外した株式会社明治に社名を変更した。
      両社の関係は、同根の企業としてだけではなく、戦前に明治製菓(および明治商事)が明治乳業へ乳業部門を譲渡したという関係であったが、資本の結びつきはなく、系列の会社としても位置付けられなかった。しかし、同根の企業同士としての人的交流は深く、明治製菓の食材を活かした明治乳業のアイスクリーム、明治乳業のヨーグルトを活かした明治製菓のキャンディというように、協力し合った商品開発を行っていた。
  • 日本甜菜製糖

参考文献[編集]

脚注・注釈[編集]

[脚注の使い方]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 大日本明治製糖株式会社 第37期決算公告
  2. ^ 大日本明治製糖株式会社 事業概要
  3. ^ 大日本製糖(株)『日糖六十五年史』 - 渋谷社史データベース
  4. ^ 本店移転のご案内”. 大日本明治製糖. 2020年10月18日閲覧。
  5. ^ 弊社食品事業の一部譲渡についてのお知らせ”. 大日本明治製糖. 2020年10月18日閲覧。
  6. ^ 大日本明治製糖株式会社、三井製糖株式会社、日本甜菜製糖株式会社(三社連名)「大日本明治製糖株式会社と三井製糖株式会社との経営統合、及び日本甜菜製糖株式会社との資本業務提携に向けた協議開始について」(2020年3月25日), 2020年10月18日最終閲覧.
  7. ^ 大日本明治製糖株式会社、三井製糖株式会社(二社連名)「大日本明治製糖株式会社と三井製糖株式会社の経営統合に関する最終契約締結について」(2020年10月15日), 2020年10月18日最終閲覧.
  8. ^ 三井製糖株式会社「大日本明治製糖株式会社との株式効果契約の締結、吸収分割による持株会社体制への移行、商号の変更並びにその他の関連会社及び主要株主の異動に関するお知らせ」(2020年10月15日), 2020年10月18日最終閲覧.
  9. ^ “三井製糖と大日本明治製糖、21年4月に経営統合”. 東京都千代田区大手町: 日本経済新聞社. (2020年10月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65047960V11C20A0916M00/ 

注釈[編集]

  1. ^ 大日本製糖は、ニットー株式会社に営業譲渡。譲渡後にニットー社を大日本製糖株式会社に名称変更。
  2. ^ 現在は明治ホールディングス(旧明治製菓・旧明治乳業)の系列会社
  3. ^ 明治製糖は明糖産業に営業譲渡。譲渡後に明糖産業を明治製糖に名称変更。
  4. ^ 三井製糖の完全子会社として、2020年10月に設立予定の吸収分割準備会社。