大日神社 (白井市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大日神社(だいにちじんじゃ)は、千葉県白井市根1338番地にある神社である。祭礼にあわせて、年に3回「七次の大日神楽」が奉納されている。近隣には室町時代に開基されたと伝えられる長楽寺がある。

祭神[編集]

天照坐皇大御神

沿革[編集]

  • 1677年延宝5年)9月15日、元七次村村社として鎮座
  • 1875年明治8年)周辺の村が合併して、根村と改称。根村村社となる。
  • 1913年大正3年)白井村発足。白井村村社となる。

例祭日[編集]

  • 1月 1日 元旦祭(神楽奉奏)
  • 2月17日 祈念祭(神楽奉奏)
  • 7月14日 天王祭(境内社八坂神社例祭)
  • 10月15日 例大祭(神楽奉奏)

境内社[編集]

境内社として天神八幡神社(祭神:菅原道真 生食)がある。一般的に、八幡社における祭神は応神天皇であるが、ここでは生食(いけずき)と呼ばれる源平時代の名馬が祭られている。

また、神社のあたりから神崎川を上流へと遡った所(日本中央競馬会(JRA)競馬学校の裏手のあたり)にはかつて溜池があり、生食が水を飲みに来ていたという伝承も残されている。

  • 八坂神社(祭神:スサノオノミコト)三峰神社(祭神:イザナギノミコト イザナミノミコト)駒形神社(祭神:オオヤマヅミノミコト ウカノミタマノカミ)
  • 疱瘡神社(祭神:オオナオビノミコト)足尾神社(祭神:サルタヒコノミコト)出羽三山神社(祭神:ツクヨミノミコト)

参考資料[編集]

  • しろい文化財散策マップ(白井市教育委員会文化課)
  • 白井の伝説と文化財(白井市郷土資料館)