大明寺教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大明寺教会(だいみょうじきょうかい)は、長崎県長崎市にあるカトリック長崎教区教会である。

歴史[編集]

  • 1879年(明治12年)頃、旧教会堂建立
  • 1880年(明治13年)大明寺教会設立
  • 1973年(昭和48年)現教会堂建立

なお現教会堂は非公開となっているため、通常は中を見ることはできない。

所在地[編集]

〒851-1201 長崎県長崎市伊王島町1-1060

旧教会堂の建物[編集]

パリ外国宣教会のブレル神父の指導により、伊王島の大工大渡伊勢吉によって建てられた、瓦葺き木造平屋建て入母屋造の建物である。建物の外観は伝統的な日本家屋と変わりないが、内部は三廊式の教会堂建築である。福江島立谷教会とほぼ同時期に建てられ、長崎の教会堂建築としては大浦天主堂に次いで古かった。

1975年(昭和50年)に解体調査が行われ、その後1995年(平成7年)に愛知県犬山市明治村に復元され、2004年(平成16年)に国の登録有形文化財に登録されている。

座標: 北緯32度42分25秒 東経129度46分18秒