大智学園高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大智学園高等学校
Daichi high school, Shinjuku.JPG
大智学園高校新宿校の玄関入口
国公私立の別 私立学校
設置者 大智学園(株式会社コーチング・スタッフ)
設立年月日 2006年
共学・別学 男女共学
課程 通信制課程
二部以上の授業 通信制・単位制
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
高校コード 07520F
所在地 979-1201
福島県双葉郡川内村大字上川内字町分143

北緯37度20分33.8秒 東経140度48分28.4秒 / 北緯37.342722度 東経140.807889度 / 37.342722; 140.807889座標: 北緯37度20分33.8秒 東経140度48分28.4秒 / 北緯37.342722度 東経140.807889度 / 37.342722; 140.807889
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
大智学園高等学校の位置(福島県内)
大智学園高等学校

大智学園高等学校(だいちがくえんこうとうがっこう)は福島県双葉郡川内村にある私立(株式会社立)の高等学校。2011年の東日本大震災以降、教育の場は東京都新宿区に所在する東京校となっている。

概要[編集]

川内村が申請し構造改革特区に認定された「川内村教育特区」に基づき、設立された学校で、2006年4月に開校した。川内村旧第二小学校の校舎を利用した。 単位制普通科と通信制普通科の二つの課程がある。2007年には東京都の新宿区立淀橋中学校跡地に東京校を設置した。生徒は川内村の本校と新宿の東京校を行き来して学園生活を送っていた[1]が、2011年の東日本大震災により本校校舎が損壊したことで教育は東京校でのみ行われる形になった。その後本校校舎は修復不能で取り壊しとなり[2]、新たな学校建設計画が川内村に提出されたものの建設は進んでおらず、2018年1月時点において川内村での教育活動は村内の遊休施設を活用した課外活動にとどまっている[3]

年表[編集]

  • 2006年(平成18年)4月1日 - 開校
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 東京校開校
  • 2011年(平成23年)- 東日本大震災による校舎損壊および原子力災害により、川内村本校での教育が中止される

課外活動[編集]

女子体操部には、練習時間の確保のため[4]鶴見虹子をはじめ国内の有力選手が多く集まり(特に朝日生命体操クラブ所属者が多い)、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)優勝など全国レベルの実力を誇る。バスケ部も定時制・通信制の全国大会でベスト8.

また、サッカー部は強化指定部であり、元サッカー選手の釜本邦茂が総監督、同じく遠藤彰弘がヘッドコーチとして指導に入り、活動を強化している。

交通手段[編集]

東京校(東京都新宿区北新宿
新宿駅大久保駅総武線)、新大久保駅山手線)、西新宿駅丸ノ内線)、西武新宿駅より徒歩

関連校[編集]

主な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “平成28年度大智学園高等学校の学校評価について”. 日々ゆうこう kawauchi.exblog.jp(川内村村長 遠藤雄幸のBlog ). (2017年5月12日). https://kawauchi.exblog.jp/24168494/ 2019年8月5日閲覧。 
  2. ^ “取り壊し中の川内第二小学校”. 川内村観光協会ホームページ. (2014年2月17日). http://kawauchimura.com/1402kawauchisho/ 2019年8月5日閲覧。 
  3. ^ “平成28年度大智学園高等学校の学校評価について”. 川内村ホームページ. (2018年3月13日). http://www.kawauchimura.jp/page/page000447.html 2019年8月5日閲覧。 
  4. ^ “教学相長”. 日本経済新聞. (2010年6月14日) 

関連項目[編集]