大曲工業団地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大曲工業団地
大曲工業団地の位置(北海道内)
大曲工業団地
大曲工業団地
北緯42度57分48秒 東経141度29分13秒 / 北緯42.96333度 東経141.48694度 / 42.96333; 141.48694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Hokkaido Prefecture.svg 北海道
振興局 石狩振興局
市町村 Flag of Kitahiroshima, Hokkaido.svg 北広島市
人口
2017年(平成29年)4月30日現在[1]
 • 合計 33人
等時帯 UTC+9 (JST)
市外局番 011[2]
ナンバープレート 札幌
自動車登録住所コード 50 533 0086[3]

大曲工業団地(おおまがりこうぎょうだんち)は、北海道北広島市にある工業団地および町名。この項目では、大曲新工業団地大曲第3工業団地についても記載している。

概要[編集]

道央の中心部に位置して道央自動車道国道36号羊ケ丘通の広域幹線道路が通っており、札幌市新千歳空港などを結ぶ立地条件になっている[4]。近くにはインターヴィレッジ大曲三井アウトレットパーク 札幌北広島などの商業施設や北広島輪厚工業団地がある。

大曲工業団地は1969年(昭和44年)に民間が開発した工業団地[5]。大曲新工業団地は大曲工業団地の後背地にあり[5]、北広島市が進出企業の誘致後に希望を取り入れて造成する「オーダーメイド方式」の分譲を北海道内で初めて行った[5]。大曲第3工業団地は大曲新工業団地の北西にあり[5]、北広島市大曲ふれあいプラザやつつじヶ丘公園がある[6]

企業進出に対して北広島市・北海道・札幌市による優遇措置を設けている[7][8]

大曲工業団地 大曲新工業団地 大曲第3工業団地
所在地 大曲工業団地1〜4丁目 大曲工業団地5〜6丁目 大曲工業団地6〜8丁目
宅地面積 67.0 ha 23.8 ha 29.0 ha
用途地域 工業専用地域 工業地域(第2種特別工業地区)
用水 上水道(地下水も利用可)
下水道 公共下水道(汚水菅・雨水管)
電力 北海道電力
通信 光通信

沿革[編集]

  • 1964年昭和39年):広島村(現在の北広島市)を含む道央地域が「新産業都市」建設区域指定[9]。誘致企業第1号となる北海道車体工業(現在の北海道車体)進出[9]
  • 1968年(昭和43年):広島村が町制施行し、広島町になる[10]
  • 1969年(昭和44年):大曲工業団地開発。
  • 1973年(昭和48年):広島町土地開発公社(現在の北広島市土地開発公社)設立。
  • 1988年(昭和63年):大曲新工業団地分譲開始[11]
  • 1993年平成05年):大曲第3工業団地の予約分譲開始[12]。大曲商工振興会設立。
  • 1994年(平成06年):「字大曲」の一部の住居表示を「大曲中央」と「大曲工業団地」に変更[12]
  • 1996年(平成08年):大曲ふれあいプラザがオープン。広島町が市制施行し、北広島市になる[12]
  • 2001年(平成13年):羊ケ丘通北海道道1147号大曲工業団地美しが丘線)開通[13]

立地企業[編集]

大曲工業団地

大曲新工業団地

大曲第3工業団地

交通アクセス[編集]

空港

高速道路

一般国道

一般道道

港湾

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北広島市 (2017年5月1日). “人口(住民基本台帳)” (日本語). 北広島市. 2017年5月20日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧 (PDF)”. 総務省 (2014年). 2016年10月17日閲覧。
  3. ^ 住所コード検索”. 自動車登録関係コード検索システム. 国土交通省. 2016年10月17日閲覧。
  4. ^ 第4章 地区づくりの基本方針 北広島団地地区・東部地区・大曲地区”. 北広島市都市計画マスタープラン(改訂版). 北広島市. pp. 11-16 (2013年). 2016年10月18日閲覧。
  5. ^ a b c d 北広島の地域特性 2006, p. 13.
  6. ^ 企業の研修施設 「大曲ふれあいプラザ」のご案内”. 北広島市. 2016年10月17日閲覧。
  7. ^ 北広島市企業立地促進条例”. 北広島市. 2016年10月17日閲覧。
  8. ^ その他の優遇措置”. 北広島市. 2016年10月17日閲覧。
  9. ^ a b 平成17年度事務事業評価調書(継続用) (PDF)”. 北広島市. 2016年10月17日閲覧。
  10. ^ 略年表, p. 3.
  11. ^ 略年表, p. 6.
  12. ^ a b c 略年表, p. 7.
  13. ^ 略年表, p. 8.
  14. ^ 「新千歳空港の24時間運用」等に係る主な経緯 (PDF)”. 北海道. 2016年6月8日閲覧。
  15. ^ 輪厚スマートICの24時間運用について”. 北広島市. 2016年10月18日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]