大曲錬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
大曲 錬
埼玉西武ライオンズ #59
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県柳川市
生年月日 (1998-05-21) 1998年5月21日(22歳)
身長
体重
179 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2020年 ドラフト5位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大曲 錬(おおまがり れん、1998年5月21日[1] - )は、福岡県柳川市出身[2]プロ野球選手。右投右打[3]埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

柳川市立昭代第二小学校在学時に柳川昭代ドリームズ、柳川市立昭代中学校在学時に佐賀藤本BCに所属[3]

西日本短期大学附属高等学校時代は1年秋から内野手としてベンチ入りし、2年秋から投手に転向[4]。この時はサイドスローだった[5]

福岡大学進学後は準硬式野球部に所属し、上手投げに転向[5]。転向後、3年秋にMVP、最多勝、最多奪三振などを獲得[4]

2020年のドラフト会議埼玉西武ライオンズからドラフト5位指名を受けた。11月6日に契約金3000万円、年俸900万円で埼玉西武ライオンズに入団[6]

選手としての特徴[編集]

準硬式での直球の最速は154km/h[5]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 59(2021年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 59 大曲 錬選手名鑑2021 |埼玉西武ライオンズ” (日本語). 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト. 2021年1月23日閲覧。
  2. ^ “準硬式から西武へ 福岡大・大曲錬投手が5位指名”. 朝日新聞. (2020年10月27日). https://www.asahi.com/articles/ASNBV71YWNBVTIPE01P.html 2021年1月23日閲覧。 
  3. ^ a b 大曲錬 | 埼玉西武ライオンズ | 選手” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2021年1月23日閲覧。
  4. ^ a b “福岡大「準硬式」の大曲錬、西武から5位指名 異色154キロ右腕に吉報”. Full-Count. (2020年10月26日). https://full-count.jp/2020/10/26/post945318/ 2021年1月23日閲覧。 
  5. ^ a b c “準硬式154キロ福岡大・大曲錬「硬式苦じゃない」”. 日刊スポーツ. (2020年10月21日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202010210000048_m.html 2021年1月23日閲覧。 
  6. ^ “西武が準硬式出身の5位大曲と合意「攻めの投球を」”. 日刊スポーツ. (2020年11月6日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202011060000873_m.html 2021年1月23日閲覧。 

関連項目[編集]