大木淳吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大木 淳吉(おおき じゅんきち、1940年11月23日[1][2] - 1996年12月13日[1] )は、日本映画監督。別名:大木 淳法政大学経済学部卒[2]

人物[編集]

1964年サンケイ映画社を経て円谷特技プロダクションに入社[2]円谷英二に師事し、『ウルトラQ』と『マグマ大使』『ウルトラマン』で特撮助監督を手掛け、『快獣ブースカ』で特殊技術デビュー。

実相寺昭雄とコンビを組むことが多く、デビュー作の『ウルトラセブン』第8話「狙われた街」、現在欠番作品となった第12話「遊星より愛をこめて」[3]のほか、映画『帝都物語』(1988年東宝)『ウルトラQ ザ・ムービー 星の伝説』の特撮監督を手がけた。没後も『ウルトラマンティガ』の実相寺昭雄の監督作品(37話、40話のみ。株式会社コダイ制作分)にプロデューサーとしてクレジットされている。実相寺担当の2話は大木の弔い合戦として制作されたものである[4]

帰ってきたウルトラマン』第32話「落日の決闘」では本編監督も兼任した。これ以降、本編監督としての参加もふえ、『ミラーマン』『ファイヤーマン』『ジャンボーグA』『ウルトラマンレオ』では、特撮監督は担当せず、本編のみを監督していることも多い。とくに『ファイヤーマン』は1〜2話や重要な話の演出を手がけ、実質的なメイン監督だった。本編監督をつとめた場合は、実相寺昭雄の影響をうけた前衛的な映像が多いが、もともと特技監督としても色彩を駆使した幻想的な絵作りが得意だった。『ジャンボーグA』では本編の監督として最終回の演出も手がけた(特撮監督は佐川和夫、吉村善之)。

なお、本名は大木淳吉だが、『帝都物語』以前は大木淳名義で参加しており、こちらの名前での活動期間のほうが長い。大木淳というペンネームを使用していた理由は、円谷プロダクションでの満田かずほの薦めによるものだという。

プロデューサーに転向していた時期もある。プロデューサーとして『恐竜探検隊ボーンフリー』(プロデューサー補)、『恐竜大戦争アイゼンボーグ』、『恐竜戦隊コセイドン』、『ぼくら野球探偵団』を手がけた。このうち『恐竜探検隊ボーンフリー』『恐竜大戦争アイゼンボーグ』では自ら監督をした作品もある。その後は円谷プロダクション制作の2時間ドラマのプロデューサーも手がけた。

1996年12月13日肺がんのため、56歳で逝去した[1]

主な参加作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日本映画人名事典 監督編』「大木淳吉」の項目、キネマ旬報社、1997年
  2. ^ a b c DVD『シルバー仮面フォトニクル2』 2015年12月18日発売 発売元-デジタルウルトラプロジェクト DUPJ-137 pp.84-85 「コダイグループ資料冊子」
  3. ^ この2話以外にも、『帰ってきたウルトラマン』第32・37話での戦闘シーンが、すべて夕陽の中で行われている。
  4. ^ 『ウルトラマンの東京』p289、実相寺昭雄著、ちくま文庫、2003年