大村幸弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大村 幸弘(おおむら さちひろ、1946年 - )は、日本の考古学者。中近東文化センター主任研究員、アナトリア考古学研究所長、カマン・カレホユック遺跡調査隊長。

岩手県出身。「私残記・大村治五平の手記」(森荘已池編著、新版・中公文庫)の子孫にあたる。なお父大村次信による文庫版あとがきでは、満州からの命がけの引き揚げを述べており、その三男で兄は大村次郷早稲田大学第一文学部西洋史科卒業。アンカラ大学言語・歴史・地理学部ヒッタイト学科留学。中近東考古学科博士課程修了。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『埋もれた古代帝国〈トルコ発掘日誌〉』JTBパブリッシング 1978年
  • 『鉄を生みだした帝国-ヒッタイト発掘』日本放送出版協会<NHKブックス> 1981年
  • 『トルコ 世界歴史の旅』山川出版社 2000年
  • 『アナトリア発掘記-カマン・カレホユック遺跡の二十年』日本放送出版協会<NHKブックス> 2004年
  • 『アナトリアの風 考古学と国際貢献』リトン 2018年

共編著[編集]

  • 『カッパドキア-トルコ洞窟修道院と地下都市』集英社 2001年。「アジアをゆく」大村次郷写真
  • 『トルコを知るための53章』永田雄三内藤正典共編著 明石書店 2012年。エリア・スタディーズ
  • 『トロイアの真実』山川出版社 2014年。大村次郷写真。副題はアナトリアの発掘現場からシュリーマンの実像を踏査する

翻訳[編集]

  • クルート・ビッテル(Kurt Bittel)『ヒッタイト王国の発見』吉田大輔共訳 山本書店 1991年