大村秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大村 秀雄(おおむら ひでお、1906年2月3日 - 1993年1月13日)は東京都出身の哺乳類学者。

1929年東京帝国大学農学部水産学科卒[1]。1929年農林省水産局、日本捕鯨協会鯨類研究所理事を経て、1954年より日本捕鯨協会鯨類研究所所長[1]。1951年 九州大学 農学博士 論文の題は「日本近海の鯨 」[2]

著書[編集]

  • 大村秀雄,松浦義雄,宮崎一老 (1942). 鯨 : その科學と捕鯨の實際. 水産社. NCID BN10927429. 
  • 大村秀雄,藤野和男,市原忠義,木村清治. 北太平洋産ナガス鯨の系統に関する研究 鯨類研究所 1958. NCID BA50006942. 
  • 大村秀雄,根本敬久. 北太平洋産ナガス鯨の系統に関する研究 : 鯨類に附着する硅藻について 鯨類研究所 1958. NCID BA90152735. 
  • Mackintosh, Neil Alison(著),大村秀雄(訳). 鯨の資源 日本捕鯨協会鯨類研究所 1967. NCID BN02941854. 
  • 大村秀雄 (1969). 鯨を追って. 岩波新書. 
  • 大村秀雄. 鯨の生態 共立出版 1974 共立科学ブックス 22. NCID BN02367260. 
  • 大村秀雄. イルカと人間: その文化史海洋出版1978イルカぶっくす1. 
  • 内田清之助,大村秀雄,千葉彬司 (1982). 鳥.鯨を追って.カモシカ日記. 講談社,全集日本動物誌,8. ISBN 4061477080. NCID BN05511501. 
  • 大村秀雄. 第二鯨学事始 〔大村秀雄〕 1986. NCID BN02381782. 
  • 大村秀雄,粕谷俊雄. 南氷洋捕鯨航海記 : 1937/38年揺籃期捕鯨の記録 鳥海書房 2000 4925025147. NCID BA48970495. 

論文[編集]

賞詞[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 大村秀雄. イルカと人間: その文化史海洋出版1978イルカぶっくす1. 
  2. ^ 博士論文書誌データベース