大村純真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大村 純真(おおむら すみざね、寛文2年(1662年) - 正徳2年6月15日1712年7月18日))は、肥前国大村藩の世嗣。4代藩主・大村純長の長男。母は有馬康純の娘・亀。官位は従五位下、備後守、民部少輔。

大村藩嫡子として生まれ、延宝2年(1674年)に徳川家綱に拝謁する。延宝6年(1678年)には叙任するが、家督を相続前の元禄2年(1689年)に廃嫡された。代わって、弟の純尹が嫡子となった。正徳2年(1712年)、51歳で没した。