大林守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大林 守(おおばやし まもる[1]1954年3月7日 - )は日本の応用計量経済学研究者。東京都出身。

学歴[編集]

  • 1976年3月、国際基督教大学教養学部社会科学科卒業
  • 1978年3月、国際基督教大学行政学修士課程修了
  • 1982年6月、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学経済学博士課程単位取得満期退学

教歴[編集]

客員歴等[編集]

  • 1983年4月、財団法人国民経済研究協会研究員
  • 1982-1985 経済企画庁経済研究所客員研究員
  • 1988-2004 財団法人国民経済研究協会客員主任研究員・評議員
  • 1988-1989 おはよう!CNN アンカーマン(テレビ朝日)
  • 2001-2014 国立社会保障・人口問題研究所・所外研究員[2]
  • 2011 - 北興化学工業株式会社・独立社外取締役[3]
  • 2015年4月 - 京都大学経済研究所私学研修員

著作[編集]

  • 研究ノート コーポレート・ガバナンスと企業業績 (専修大学学会・専修商学論集 99、2014)
  • 研究ノート 証拠としての計量経済分析ー法廷経済学(Forensic Economics)の視点(専修大学学会 専修商学論集 95、2012)
  • 社会保障モデルの今日的役割 (東京大学出版会国立社会保障・人口問題研究所(編)社会保障モデルの計量モデル分析, 2010)
  • Kanagawa ; Japan's Brain Center (Temple University Press, Chapter 5,Fujita.K,and R.C.Hill(eds.),Japanese Cities in the World Economy,1993)

脚注[編集]