大林組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社 大林組
OBAYASHI CORPORATION
Obayashi logo.svg
Shinagawa intercity overview 2009.JPG
本社が入居する東京品川インターシティ
種類 株式会社
市場情報
東証1部 1802
大証1部(廃止) 1802
福証 1802
略称 大林
本店所在地 日本の旗 日本
108-6101
東京都港区港南二丁目15番2号
品川インターシティB棟)
設立 1936年(昭和11年)5月7日
業種 建設業
法人番号 7010401088742
事業内容 建築土木海洋不動産コンサルティング
代表者 大林剛郎代表取締役会長
白石達(代表取締役社長)
資本金 577億52百万円
(2015年3月31日現在)
発行済株式総数 7億2,150万9,646株[1]
売上高 連結:1兆7,739億8,100万円
単独:1兆2,598億6300万円
(2015年3月期)
営業利益 連結:483億8,800万円
単独:189億5,800万円
(2015年3月期)
純利益 連結:286億9,500万円
単独:129億2,400万円
(2015年3月期)
純資産 連結:5,494億8,300万円
単体:4,249億200万円
(2015年3月期)
総資産 連結:1兆9,961億9,300万円
単体:1兆5,018億2,900万円
(2015年3月期)
従業員数 連結:1万3,432人 単体:8,369人
(2015年3月31日現在)
会計監査人 新日本有限責任監査法人
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 8.55%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 6.46%
日本生命保険 2.90%
大林剛郎 2.34%
(2016年3月31日現在)[2]
主要子会社 大林道路
外部リンク http://www.obayashi.co.jp/
特記事項:建設業者許可番号:国土交通大臣許可(特)第3000号
テンプレートを表示
現在の大阪本店(ダイビル本館、大阪市北区)
かつての登記上の本店および大阪本店(大阪大林ビルディング、大阪市中央区)
大林組旧本店ビル(ルポンドシエル ビル、大阪市中央区)

株式会社大林組(おおばやしぐみ)は、1892年(明治25年)創業の大手総合建設会社。

概要[編集]

鹿島建設清水建設大成建設竹中工務店とともにスーパーゼネコン5社の一つ。

創業以来永らく、竹中工務店奥村組錢高組鴻池組と並び大阪に拠点を置いていたが、2010年(平成22年)、登記上本店を東京に移転した。

平成25年、大阪本店を大阪市北区に移転。

みどり会三水会とその後身社長会である水曜会の会員企業であり三和グループに属している[3][4]と同時に大輪会の会員企業である[5]

同社のコーポレートメッセージは「時をつくる こころで創る」である。

沿革[編集]

  • 1892年(明治25年) - 阿部製紙所の工場建設を受注し、大林芳五郎が大阪(西区靱南通(現・西区西本町2丁目))で土木建築請負業・大林店を創業(1月25日)。
  • 1904年(明治37年) - 店名を大林組と定める。東京事務所を設置。
  • 1905年(明治38年) - 本店を大阪(東区北浜(現・中央区北浜2丁目))に移転。
  • 1906年(明治39年) - 東京事務所を東京支店に昇格。
  • 1909年(明治42年) - 合資会社大林組を設立。
  • 1916年(大正 5年) - 店主・大林芳五郎が死去。大林義雄が社務を継承。
    この頃、大阪電気軌道近畿日本鉄道の母体会社)による生駒トンネル開削工事費用の未支払いが原因で、経営危機に陥る。実業家の片岡直輝の元で、大阪電気軌道とともに支援がなされて再建。
  • 1918年(大正 7年) - 株式会社大林組を創立。
  • 1919年(大正 8年) - 株式会社大林組に合資会社大林組を合併。本店を大阪(東区京橋(現・中央区北浜東6丁目))に移転。
  • 1924年(大正13年) - 甲子園大運動場(現・阪神甲子園球場)竣工。
  • 1926年(大正15年) - 本店ビル竣工。
  • 1931年(昭和 6年) - 大阪城天守閣竣工。
  • 1936年(昭和11年) - 株式会社第二大林組を設立。
  • 1937年(昭和12年) - 株式会社第二大林組、株式会社大林組を吸収合併し、商号を株式会社大林組に変更。
  • 1949年(昭和24年) - 建設業法による第1回登録(建設大臣)完了。
  • 1961年(昭和36年) - 東京大林ビル竣工。東京支店を移転。
  • 1970年(昭和45年) - 日本万国博覧会開催、お祭り広場など主要施設を手がける。東京支店を廃し、東京本社を設置。本社機能を移転。登記上本店(本店)を大阪に置く。
  • 1973年(昭和48年) - 大阪初の超高層ビル、大阪大林ビル竣工。本店を移転。
    このビルには国内において希少な存在である、パンタグラフ構造による可動機構を備えるダブルデッキエレベータが設置されている。
  • 1978年(昭和53年) - 広報誌『季刊大林』を創刊。
  • 1992年(平成 4年) - 創業100周年。
  • 1999年(平成11年) - 東京本社を品川インターシティに移転。
  • 2010年(平成22年) - 本店を東京へ移転し、本店を大阪本店に、東京本社を本社にそれぞれ改称。同時に東京本店を設置。
  • 2012年(平成24年) - 東京スカイツリー竣工。
  • 2013年(平成25年) - 大阪本店を、大阪市北区中之島3丁目6番32号 ダイビル本館に移転。
  • 2017年(平成29年) - 東京証券取引所一部上場であった大林道路株式会社を完全子会社化。

事業所[編集]

歴代社長[編集]

※「大林店」時代を含む

  1. 大林芳五郎(1892年 - 1916年)
  2. 大林義雄(1916年 - 1943年)
  3. 大林芳郎(1943年 - 1989年)
  4. 津室隆夫(1989年 - 1997年)
  5. 向笠愼二(1997年 - 2005年)
  6. 脇村典夫(2005年 - 2007年)
  7. 白石達(2007年 - )

主な施工物件[編集]

自社の宅地開発[編集]

  • 佐倉そめい野(染井野)
  • 浜甲子園健康住宅地開発(一部)
  • 川西けやき坂(鷹尾山けやき坂)
  • 恵み野開発恵庭市鹿島建設他と)
  • 伊豆三井大林分譲地(三井不動産と)
  • 宇都宮市豊郷台住宅地
  • 藤枝清里

関連会社[編集]

建設事業
  • 大林道路
  • 内外テクノス
  • オーク設備工業
  • 大林ファシリティーズ
  • 相馬環境サービス
  • 洋林建設
不動産・開発事業
  • 大林新星和不動産 - 旧大林不動産と旧新星和不動産を合併させて新設した子会社。2014年10月1日設立。
公益法人
  • 公益財団法人大林財団 - 都市に関する学術研究に対する助成などを実施。1998年9月22日設立。
その他
かつての子会社

提供番組[編集]

  • レギュラーでの提供番組はないが、30秒ではTOTOジャパンクラシック(2001年 - 2006年、2009年 - )や全国高校ラグビー大会準決勝・決勝(2000年代以降・2013年は準筆頭の60秒提供)など(TBS系列、主に毎日放送制作)のテレビ番組に提供している。

過去の提供番組[編集]

不祥事[編集]

リニア中央新幹線の工事入札を巡る問題[編集]

リニア中央新幹線の建設工事の入札に於いて不正が行われたとして、工事を請け負っているゼネコン4社の1つである同社が、2017年12月に東京地方検察庁から偽計業務妨害容疑で捜索を受けていたことが明らかになり[7]談合を認めた。2018年3月1日付で白石達社長が辞任、土木担当の土屋幸三郎副社長が同年1月23日に辞任。なお他の3社は清水建設が1月22日までに談合を認め、鹿島建設大成建設は否定し続けた。その結果として、法人としての大林組は起訴されたが、鹿島と大成の幹部は逮捕・起訴されたのに対し土屋元副社長ら大林・清水の幹部は不起訴(起訴猶予)となった[8]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 株式の状況”. 株式会社大林組. 2016年2月20日閲覧。
  2. ^ 大林組[1802 - 業績・経営状態]”. Ullet. 2016年2月20日閲覧。
  3. ^ メンバー会社一覧 - みどり会
  4. ^ 六大企業集団の無機能化 (PDF) - 同志社大学学術情報検索システム内のページ。筆者は経済学者の田中彰。
  5. ^ 大輪会(だいりんかい)とは - 泉佐野丘陵緑地公式サイト内のページ。
  6. ^ 井上孝成(2000)"エクシブ鳥羽"新建築新建築社).75(4):188.
  7. ^ リニア入札不正の疑い 大林組役員ら聴取 東京地検 毎日新聞 2017年12月10日
  8. ^ “ゼネコン大手4社起訴 大林・清水の3人は見送り 東京地検特捜部”. 産経新聞. (2018年3月23日). http://www.sankei.com/smp/affairs/news/180323/afr1803230033-s1.html 2018年3月24日閲覧。 

関連項目[編集]