大林芳郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大林 芳郎(おおばやし よしろう、1918年4月17日2003年7月19日)は、総合建設会社・大林組の第3代社長。大林道路社長・会長。内外テクノス社長。大林不動産社長。二代目社長大林義雄の養子。全国建設業協会(全建)会長も務めた。

大林組取締役の大林剛郎は二男。また、鴻池組第3代社長・鴻池藤一は義弟である。

来歴・人物[編集]

大阪府出身。1941年東京帝国大学工学部建築学科を卒業し、大林組に入社。翌1942年に徴兵された。1943年11月、第2代社長・大林義雄の急死に伴い社長に就任。以後45年余りにわたって社長職を務めた。

1993年仙台市が発注した公共工事を巡り、市長に賄賂を贈ったことが発覚。彼を含む当時の役員10名を被告として、損害賠償を求める株主代表訴訟を起こされた(1999年に和解)。

2003年2月17日、大阪商工会議所(大商)の都市再生委員会副委員長に就任。6月、高齢を理由として二男の剛郎に会長職を譲り、名誉会長に就任。7月19日、腎不全で死去。85歳。

略歴[編集]

  • 1918年 誕生
  • 1941年 東京帝国大学卒業、大林組に入社
  • 1943年 社長に就任
  • 1958年 大阪建設業協会会長に就任(~1962年)
  • 1960年 全国建設業協会(全建)会長に就任
  • 1961年 海外建設協会副会長
  • 1989年 社長職を退く
  • 1998年 大林都市研究振興財団を設立
  • 2003年 腎不全で死去

栄典[編集]

  • 毎日工業技術賞(1965年)


先代:
白杉嘉明三
大林組会長
第2代:1987年 - 2003年
次代:
大林剛郎
先代:
大林義雄
大林組社長
第3代:1943年 - 1989年
次代:
津室隆夫